買取り実績

1〜5件目 / 全226 1 2 3 4 5 46
  • 日本最大の雑誌系出版社・マガジンハウスの歴史
    日本最大の雑誌系出版社・マガジンハウスの歴史

    会社名自体にMagazine(=雑誌)という単語が入っているマガジンハウス社は、集英社などの総合出版社ではありませんが、雑誌事業メインの出版社としては国内最大規模の出版社です。そして、この出版社の出す雑誌はいつの時代も庶民に大きな影響を与えてきました。

    マガジンハウスの歴史

    国内最大級の雑誌出版系出版社・マガジンハウスは1945年に「合資会社凡人社」として産声をあげました。そして創業してすぐに創刊した「平凡」という雑誌が人気となって平凡出版(株)に改称し、”平凡”シリーズの娯楽系雑誌を続々ヒットさせて業績を伸ばしていきました。その後、1970年代に入ってan・an、ポパイといった雑誌を創刊してからはファッション分野にも強い出版社となりました。その後も様々なジャンルの雑誌を創刊して各雑誌を人気雑誌に育て上げ、雑誌事業特化型出版社最大手の座に君臨しています。

    マガジンハウスの雑誌から生まれたブーム・現象

    マガジンハウス社の大衆誌は、古くから国民の間で強い影響力を持ち、この会社の雑誌に関連する流行語も色々と誕生してきました。まず有名なのが「アンノン族」で、こちらは1970年代は旅行系特集が多かったan・an、そして同じ系統のnon-no(集英社)の2誌を手にもって旅行地に姿を現す若い女性達のことを指します。1976年創刊のポパイも創刊当時からおしゃれボーイたちのバイブルとして早くも定着しました。そんなポパイの影響を強く受ける熱心な読者の事が「ポパイ少年」と呼ばれた時期もありました。続いて1989年には「Hanako族」が流行し、流行語大賞にも入選しました。これは雑誌・Hanakoのコンセプト通り、仕事から私生活まで人生を徹底的に楽しむ姿勢を大事にする新世代の女性層を指します。

    全国民が「an・an族」?

    現在でもan・anは若い女性層だけでなく老若男女から幅広い人気があり、同誌の毎週の特集や毎年恒例のアンケート・ランキングはマスコミはもちろん、全国民が強い関心を寄せています。そして、歴史が長いこともあり週刊少年ジャンプと共に雑誌の知名度では日本一の存在といわれています。そういった意味で全国民が「アンアン族」と言っても過言ではないほど、an・anは国民的な雑誌として世間に定着しています。近年では紙版より安い電子雑誌版も配信され始め、各電子書店の売上ランキングで常に人気上位にランクインしており、電子雑誌業界でも圧倒的な存在感を示しています。そんなan・anは今も昔もマガジンハウスの”顔”といっていい同社の中心的な雑誌です。

    現在のマガジンハウス社

    雑誌の世界はいつの時代もファッション誌が中心となっています。現在発行されているマガジンハウスの雑誌も、半分以上がファッション寄りの雑誌で構成されています。逆に男性向け娯楽誌の平凡シリーズはすべて休刊してしまい現在は存在しません。そして、ファッション系出版社として集英社を脅かす存在となっており、今後も新たなファッション誌がいくつか創刊されるのではないかと予測されています。

  • 泣けるDVD映画のおすすめ作品
    泣けるDVD映画のおすすめ作品

    世の中には人の心を揺さぶるDVD映画が数多くあり、沢山の感動をもらうことが出来ます。特に映画史に名を残すような作品は、涙腺を刺激せずにはおかないもので、泣きたいときの必須アイテムとしてもおススメです。人は涙を流すことで、ストレス発散にもなり、明日への英気が養われることにもなるからです。

    「きみに読む物語」

    「きみに読む物語」は、2005年に大ヒットした映画で、身分の違いを描いたラブストーリーに仕上がっています。ニコラス・スパークスのベストセラーが原作で、認知症の老女が17歳だった頃の話を、彼女に語りかける形でストーリーが展開します。語り手と彼女の、生涯にわたった純愛が切なく描かれています。テーマとなっているのが、「会うたびに容姿が変わる相手を、人は愛せるのか?」。それは、決して他人事で済ませることではないと言えます。それ故、夫婦やカップルで観てもらいたい映画の一つで、身分的格差も問題も入って見ごたえ抜群です。中でも、二人が分かり合えなくなる中で、分かり合える瞬間が訪れたとき、至福の瞬間が訪れます。それは、今を大事にして生きることの大切さを教えてくれます。

    「ビューティー・インサイド」

    「ビューティー・インサイド」は、韓国映画史上に残る映画で、毎朝目が覚めると容姿が変わる、男性主人公の恋愛物語です。元は男性だった主人公は、ある日目が覚めると女性になっていました。その後も、子供に変わったりと、性別や年齢が変わってしまコミカルラブストーリーになっています。一見、突拍子もない設定に単なるコミカル映画な印象を持ちますが、ストーリーが展開されるに連れて、思わぬ感動シーンに遭遇します。人は、愛する人のの性別や人種が変わっても、本当の愛し抜けるのか?愛とは何か?そうした深刻なテーマが物語の根底に流れているわけです。主人公を演じる役者は、総勢100人以上にものぼり、それぞれが見ごたえのある演技で観る人を魅了します。

    「ゴーストニューヨークの幻」

    「ゴーストニューヨークの幻」は、死んだ恋人が幽霊になって現れる、泣ける映画の代表とも称される作品です。映画の主題歌も大ヒットし、映画の内容と合わさって、不屈の名曲として愛されています。泣きたいときは一人で観るのがおすすめですが、カップルで観ると至極の時間を過ごす事ができます。話の内容としては、ファンタジックな印象をもたれがちですが、ストーリーや演出自体もしっかり練られています。それ故、リアル感が高く、観ている方としては、現実と映画の境目が分からなくなるほどです。それでも、映画ならではのコミカルな場面もあり、笑いと涙が絶妙のバランスになっています。

    観る人の求めに応える

    名作映画として長く愛されている作品は、何回観ても感動できるものばかりで、自然と涙があふれてくるものです。時には誰も教えてくれないような大切な事も、映画を通して学ぶ事ができます。映画の観方や求めるものは、人によってそれぞれ異なります。但し、名作と称されているものは、どのような求めにも応えてくれるわけです。

     

  • 待ち合わせは書店がおすすめ
    待ち合わせは書店がおすすめ

    友達や恋人と待ち合わせをするなら、書店を選ぶ方法が最適です。さまざまな本がそろっていますから、飽きることなく時間をつぶせます。漫画のサンプルを置いている書店もありますので、思わぬ作品に出会える可能性もあります。

    書店で待ち合わせをするメリットについて

    待ち合わせの場所について悩んでいるならば、書店を選択する方法がおすすめです。あらゆるジャンルの本がそろっていますから、相手を待っている間も飽きることがありません。書棚を巡っているだけで時間をつぶせますので、有意義なひとときを過ごせます。普段は忙しくて書店に立ち寄る暇がないケースも見受けられます。待ち合わせの場所を書店にすれば、じっくり本を選ぶことができます。また、お互いに読書好きならば、待ち合わせの場所で目にした本について話が盛り上がることが多々あります。尚、あえて書棚を指定しないで待ち合わせをする方法も有効です。あらゆるジャンルの書棚を巡る機会になるからです。いつも同じジャンルの本ばかり読む傾向がある方はとても多いです。待ち合わせをきっかけとして、思わぬジャンルの本を好むようになる可能性があります。

    書店の待ち合わせは楽しみがいっぱい

    漫画や雑誌、写真集のサンプルを用意している書店は多いので、待ち時間にチェックしてみましょう。万が一、相手の到着が遅くなっても、待ち時間の長さが気になりません。これまで知らなかった作品や情報に触れることができます。また、店内にサイン会や原画展などのイベント情報を掲示している書店もあります。新しいイベントを知るきっかけになりますから、書店で待ち合わせをする方法は有意義です。さらに、店内にイスやソファを設置している書店も見受けられます。疲れたら腰をかけて休むことができますので、リラックスして待ち時間を過ごせます。尚、カフェを併設している書店ならば、待ち合わせた後にお茶を飲みたい場合にぴったりです。待ち合わせをした書店で買った本をめくったり、お互いに好きな本について語り合ったりすることができますから、充実したひとときになります。

     

  • 文庫書き下ろし小説を読んでみませんか?
    文庫書き下ろし小説を読んでみませんか?

    電子書籍が普及し始めてから、中間コストカットなどにより本1冊の平均単価が従来より明確に下がりました。一方で、電子書籍反対派(紙書籍奨励派)の作家などが文庫書き下ろし小説を書くケースが増え、この分野に注目が集まっています。

    文庫書き下ろし小説増加の背景

    2010年にアップルが「iPad」を発表して日本でも発売されて以来、日本では一気に電子書籍文化が根付きました。また電子書籍化されていない作品に関しても、読者自らor業者に依頼して紙の本を裁断してスキャナで電子書籍化できるようになり、いわゆる「自炊」も当たり前のように行われるようになりました。そして、自炊したものは除いて電子書店で販売されている電子書籍とは流通費・紙代・インク代といった中間コストをカットできるため、必然的に紙版よりも安く販売されるようになりました。その結果、平均的に1500円以上する「紙の単行本」の高額さが目立つようになり、紙の単行本の売れ行きが落ちてきました。しかし、作家の中には東野圭吾さんをはじめとして、電子書籍に対して否定的な意見をもつ作家も少なくなく、そんな作家たちは安い電子書籍に対抗できる商品を探るようになり、文庫書き下ろし小説という分野に注目する作家が新たに現れ始めました。

    文庫書き下ろし小説の魅力を広めた東野圭吾

    安い電子書籍に対抗できる商品をいち早く探し始めた大物作家としては東野圭吾さんが有名です。電子書籍に強く反対する彼は、iPadが誕生した2010年から実業之日本社の「いきなり文庫」という書き下ろし文庫小説内にて作品を発表し始めました。すると彼の書き下ろし単行本小説は2000円弱という高額商品のため、お金に余裕がないと手が出せないものでしたが、安い文庫価格が受けて第1作目の「白銀ジャック」は発売後すぐに100万部を突破しました。そして、この件は大きく報道されて文庫書き下ろし小説に対して出版社・書き手・読者が注目するきっかけとなりました。これをきっかけとして出版社・書き手としては苦肉の策ではあるものの、文庫書き下ろし小説というものにも手を出すようになり、現在では様々なヒット作が誕生しています。なお、東野圭吾さんは2013年に実業之日本社とのタッグで2作目となる文庫書き下ろし小説「疾風ロンド」を発表し、こちらの作品も前作並みの圧倒的なおもしろさと安い価格の相乗効果で発売後すぐに100万部を突破しました。

    文庫書き下ろし小説のよいところ

    言うまでもありませんが、文庫書き下ろし小説の良いところは、通常の小説は単行本の発売から文庫化までは2年くらいの間隔が空きますが、人気作家の最新作品が文庫化を待たずして、そして安いコストで読める点です。また文庫書き下ろし小説は作家にとって新規顧客を獲得するための「試供品」的な部分があるため、相当力を入れて本気で作品を作っているケースが多い傾向にあります。そのため、確実におもしろい作品が読める傾向にあるのも特長です。

    是非、一度読んでみましょう

    世の中には絵のある漫画を読むのは得意だけど、絵のない小説を読むのは不得意とする人が多いといわれます。しかし、小説を読むことは想像力の向上に有効であるほか、漫画より読むのに集中力が必要になるため集中力のアップにもつながります。そして、単行本小説よりも明確に安いので、何か周囲で面白いと話題になっている書き下ろし小説があったら是非試しに読んでみませんか。漫画本同様に持ち運びも容易です。

     

  • ドラマ『半沢直樹』の原作者である池井戸潤氏の隠れた名作
    ドラマ『半沢直樹』の原作者である池井戸潤氏の隠れた名作

    テレビドラマで大いに巷を賑わせた『半沢直樹』の原作『オレバブシリーズ』や、直木賞を受賞した『下町ロケット』の作者として知られる池井戸潤さん。その彼の隠れた名作『空飛ぶタイヤ』という小説について書かせてもらいます。

    簡単なあらすじ

    空飛ぶタイヤ。タイヤとはいわゆる自転車や自動車についているあのタイヤです。タイヤが空を飛ぶ。ずいぶんと荒唐無稽な作品タイトルのように思えますが、実はこの短いタイトルにはこれでもかというほどの皮肉が込められています。主人公は、中小企業の運送会社を経営している社長。下町ロケットでもそうですが、社長が主人公という小説は珍しいです。その主人公が経営している会社の社員が、貨物運送中にトラックの脱輪事故を起こして死傷者を出してしまいます。容疑者扱いを受けた主人公の社長とその会社は、取引先と世間からの信用を失い、倒産寸前の状態まで追い込まれます。しかし自社の自動車整備には何の問題もないと確信する社長は他の原因を探り、事故を起こしたトラックの販売元、超巨大企業へ戦いを挑むことになります。

    作品の書評

    とても完成度が高い作品です。いわゆる「読みだしたら止まらない」の代表格といえるような。逐一この作品の面白さを羅列していくと収まりきらなくなってしまうので、あえてこの作品の良さを一点に絞るとしたら、「魂の叫び」でしょうか。人の日常にはいろいろな場面があります。いつだって自分の言い分を好きなように言い放てるわけではありません。人間関係やその他の事情で自分を抑え込み、我慢をしながら生きています。そんな日常でも、自分の内側には何かがあるはずです。水溜まりのように、内側に抑え込んでいる情動が一滴一滴溜まっています。その内に溜まったものを、この作品は解き放してくれます。これでもかと自分の本音をぶつけるこの作品の主人公に読者は自分の気持ちを上乗せして物語を読み進めていくでしょう。作品内で、主人公の会社は初めに事故を起こしてしまい、どん底から這い上がろうともがいても上手くいかず、失敗の連続、会社と家族の危機、命の危機、駄目で駄目でどうしようもなく駄目で、それでも最後は晴れ間が見え、どしゃ降りの後に架かる虹のように、美しく、そしてスカッとした解放感を与えてくれる作品だと思います。

    池井戸潤を読もう

    作家の池井戸潤さんは元銀行員という経歴を持ち、作品においても秀才肌な印象を受けますが、実は内にすごく熱いものを持っている人です。現代人がどこかに置き忘れてしまった熱い魂を、「忘れ物だよ」とでも言って届けてくれる、そんな作家さんだと思います。そういった何か熱いものを呼び覚ましたい人は、今回紹介した『空飛ぶタイヤ』を始めとした池井戸潤さんの作品を手に取ってみてはいかがでしょう。

     

1〜5件目 / 全226 1 2 3 4 5 46