買取り実績

  • 『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』(※読書感想)
    『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』(※読書感想)

    子供の頃、世の中は分からないこと(疑問)であふれていました。
    でも、成長し大人になるといつの間にか疑問を疑問と思わなくなり、月日は過ぎてしまいます。
    本書は、子供の頃抱いた素朴な疑問に物理や科学などの「理系の知識」で学び、忘れていた童心を取り戻すことが出来る貴重な一冊です。

    眠っていた脳を覚醒させるきっかけに

    大人になると、日々の生活・仕事に忙殺され、必要不可欠な情報以外は取り入れようとしなくなってきます。
    そうして行くうちに脳みそがアップデートされないまま月日だけが経ち、心が次第に劣化していく毎日でした。
    そんな私が本書に出会い、今まで知らなかった事を知ったり、分からなかった事が分かるようになる事でずっと眠っていた知的好奇心が強烈に刺激されました。
    1つの知識を得る事で「もっと知りたい」と思うようになり、そこからさらに新しい疑問が浮かぶようになってどんどん学ぶ意欲が高まるのに伴い、自分の知識が雪だるま方式で増えていくきっかけになった一冊です。
    新しい情報が入って来ることで眠っていた脳が目覚める感覚でした。
    やはりインプットがないと、アウトプットは出来ないのだと改めて感じさせられました。

    子供に教えたくなる!

    私が子供の頃、自分が住む世界は「なぜ?」で溢れかえっていました。そして、分からないことがあると何でもすぐ両親に質問していました。
    私の質問に両親が答えてくれると「お母さんお父さんは何でも知ってる!」と感動して「この2人の子供に生まれて僕は何て幸せなんだ!」と心の底から思いました(大げさですが)。
    時が経ち大人になった今、今度は自分が子供に感動を届けられる側の存在になるべく、本書をきっかけに日々新しい知識・情報を取り入れては子供たちを呼び、ドヤ顔で教えて自慢しています。すると子供たちは興奮ぎみに「物知りー!」「天才!」「先生みたい!」と私をもてはやしてくれるので、これからも絶えず学んでいきたいと思うようになりました。
    お子様から「憧れの的」でいたい親御様にもピッタリだと思います。
    本書に載っている疑問は子供が抱くような本当に素朴な題材ばかりで、説明部分も科学の知識が一切ない素人にも分かりやすい例え・言い回しを使って説明してくれているので、読み手を選ばずどんな方にもオススメの一冊です。

    最後に(まとめ)

    人間誰しもが、「あれはどうして?」「あれは何のためにあるの?」「あれとあれは何のためにあるの?」と、ふと素朴な疑問を抱くことがあるかと思います。
    本書はそんな「なぜ?」を科学的根拠を基に教えてくれました。
    さらに、一題一題の疑問・説明が端的で分かりやすくまとめられている為、忙しくて時間が無い方でもサラッと読めると思います。