買取り実績

  • どんな雰囲気のカフェが読書向きか
    どんな雰囲気のカフェが読書向きか

    カフェはしっかりと読書を楽しみたいという人にとって魅力のある場所として知られています。しかし、どのようなカフェであっても読書に適しているわけではありません。どのような点に気をつけて読書用のカフェを選ぶと良いのでしょうか。

    本を読んでいる人が多いこと

    類は友を呼ぶと言いますが、本を読んでいる人が多いカフェで読書をすると自然に集中しやすくなります。もともと読書に適した環境が揃っているからこそ本を読んでいる人が多く集まっているとも言えるでしょう。単純に考えてまずは店内を見回して、自分と同じように本を読む人がどれだけいるかを見てみるのは賢い選び方です。

    BGMの影響を考慮

    読書をする上ではBGMについて考慮することは大切です。静かな方が読書にふけることができると考えがちですが、適度に音がしていた方が集中力を高められるという考え方もあります。特に雑踏がうるさい場合や厨房の音がある場合には静かなBGMがあった方が本を読みやすくなるのが一般的です。自分の好みに合ったBGMを低めの音量で流しているカフェを選ぶのは賢いと言えます。

    人の出入りの少なさもポイント

    カフェは人気で人の出入りも多いことがよくありますが、あまり人が動いていると気が散ってしまいがちです。特に駅前のカフェのように利用者が多いカフェはあまり読書には適していません。住宅街の中にあってあまり人の出入りがないカフェを選ぶと集中力を奪われることがありません。周囲の物音も小さいので理想的な環境が整っているでしょう。

    オーナーや従業員の動きにも注意

    カフェを経営しているオーナーや雇われている従業員の動きにも気を払っておくと読書向きのカフェかどうかがわかります。オーナーや従業員の声が大きかったり、むやみに店内を歩き回ったりするようでは気が散る原因になるからです。また、もともとオーナーの意向としてコーヒーや紅茶を楽しむための場所であって読書をする場所ではないと考えている場合もあります。すると読書をしていると少し厄介な目で見られてしまうことになり、居づらい状況になってしまいがちです。特にオーナーの影響についてはよく考えた上で選ぶのが肝心です。

    落ち着ける環境が大切

    総じて見ると基本的に重要なのは落ち着ける環境を提供しているカフェを選ぶことです。ただし、リラックスできるのとはまた異なり、少し緊張感のある空間であると集中力が高まります。それが周囲の本を読んでいる人やオーナー、あるいはBGMなどによってもたらされるものです。集中しやすい適度な刺激は人によって異なるので、自分なりにバランスの良い刺激のあるカフェを選びましょう。