買取り実績

  • 古来から人気が高い随筆
    古来から人気が高い随筆

    清少納言や吉田兼好、鴨長明など、日本では古来から随筆を書く作者がたくさん存在していました。小説より短く、詩より分かりやすいという特徴があるためです。現在でも随筆の人気は高く、より軽やかな文体や内容のエッセイは広く親しまれています。

    随筆の魅力とは何か

    俳句や短歌、詩や小説など、日本には多彩なジャンルの文学が見受けられます。その中でも、随筆は古来から親しまれてきたジャンルとして知られています。「枕草子」を著した清少納言をはじめとして、「徒然草」の吉田兼好や「方丈記」の鴨長明など、優れた随筆が数多く生み出されました。時代を経ても、随筆というジャンルはさまざまな変化を遂げながら根付いてきました。江戸時代には、紀行文学という様相で松尾芭蕉の「奥の細道」が発表されています。明治時代になると言文一致運動が広がり、文学はより親しみやすい芸術作品として広く浸透しました。夏目漱石の「硝子戸の中」、芥川龍之介の「侏儒の言葉」など、たくさんの作家が小説とともに随筆を書いて発表しました。随筆の魅力は、小説と比べるとフィクションの部分が少ないところです。そのために、好きな作家の私生活や思想、心情などに触れることができます。

    今後も人気が続くジャンル

    随筆は、ほかのジャンルと同様に今後も人気が続くジャンルと予測されています。現在では、より軽やかで読みやすいエッセイというジャンルも見受けられ、男女を問わず愛好されています。エッセイは、随筆よりも作家の内面を語ったジャンルと認識されていますので、文学的な表現に対するこだわりが薄まり、より多くの作家が書きやすいジャンルとなりました。村上春樹の「村上朝日堂」、向田邦子の「父の詫び状」など、有名な作家が記したエッセイはロングセラーになる傾向があります。さらに、小説を書くことが本業である作家ばかりではなく、画家や音楽家、映画監督など、多くの芸術家が執筆しています。歌手や俳優、漫画家など、大衆文化の担い手たちもエッセイを発表しており、ファンの間で歓迎されています。また、誰もがチャレンジしやすいジャンルですから、一般の文学愛好家も気軽にエッセイを書いてブログなどにアップする傾向があります。

    随筆に関するまとめ

    随筆は、長く日本で親しまれてきた文学ジャンルです。さまざまな時代を経て受け継がれてきましたが、今後も随筆の人気は続くことが見込まれています。特に、随筆から派生したエッセイは、文章表現も内容も軽妙洒脱で読みやすいという特徴があります。そのために、文筆業を生業としていなくても、誰もが書きやすいジャンルとして知られています。