買取り実績

  • 女性アイドルの写真集から見るアイドル論
    女性アイドルの写真集から見るアイドル論

    書店の写真集コーナーには数多く写真集が並んでいます。特に、女性アイドルの写真集は他の写真集より多く並んでいます。このような、女性アイドルの写真集は時代によって変化しているのでしょうか。また、アイドル自体は変化しているのでしょうか。

    グラビアアイドルの時代

    1990年代から2005年くらいの時代はグラビアアイドルが主に大きな活躍を見せました。彼女たちは、雑誌のグラビアを飾るのが主な仕事です。スタイルの良さやルックスの良さを活かしていました。人気のグラビアアイドルがグラビアを飾ると売り上げが伸びるなど、雑誌の人気に貢献していました。また、グラビアアイドルの写真集は男性を中心にヒットし、数多くの写真集が書店に並んだのがこの時代の特徴です。この頃のアイドルへの価値観は、一人のアイドルが数多くいる中から自分の好きなアイドルを応援するという形です。

    グループアイドルの時代

    2005年以降、グループアイドルと呼ばれるアイドルが活躍をします。その代表格はAKB48でしょう。彼女たちは秋葉原に専用の劇場を持ち、毎日ライブ公演をしています。「会いに行けるアイドル」というキャッチフレーズは、かつての雑誌の中にいたグラビアアイドルとは全く異なる部分でしょう。また、そこからグループアイドルはたくさん出現します。ももいろクローバーZをきっかけにメンバーカラーのサイリウムをふって応援するという文化もできてきます。その後、でんぱ組.incのブレイクをきっかけにオタク文化の象徴だったアイドル文化はサブカルチャーと融合を始めます。秋葉原の界隈で起こっていたムーブメントは全国へと拡大し、ご当地アイドルという地方のアイドルも数多く出現しました。こうして今のグループアイドルブームはあるのです。このブームを「アイドル戦国時代」と呼ぶ場合もあります。アイドルのフェスイベントなどで観客動員を競い合う姿はもはや戦いです。今のアイドルへの価値観は、多数のグループアイドルの中から自分の好きな「推し」を見つけてアイドルを応援するという形です。

    アイドル論のまとめ

    雑誌の中のグラビアアイドルから、会いに行けるグループアイドルにアイドルの形が変化したことからグラビア雑誌や写真集の売り上げは落ちるかのように思われましたが、結果は違います。グループアイドルの中のスタイルが良いメンバー、ルックスの良いメンバーがグラビアを飾り写真集を出版することでさらに需要が出てきました。アイドルの形は大きく変わってもアイドルに関わる出版物は常に魅力的で人気があるのです。