買取り実績

  • 待ち時間を充実させたい方に最適な読書
    待ち時間を充実させたい方に最適な読書

    電車のホームや病院の待合室などで、スマホの画面を見つめている方はとても多いです。そのような場面でおすすめしたいのは、待ち時間に読書をすることです。まず、待ち時間を有意義に過ごせるような本を選びましょう。

    携帯しやすい本とは何か

    外出する時に携帯しやすい本は、文庫と新書です。文庫は最もサイズが小さい本ですから、バッグに入れて持ち歩いても負担に感じることはありません。人前で出すのが恥ずかしい場合には、文庫にブックカバーをかける方法がおすすめです。書店ではブックカバーをかけるサービスを行っていますので、問われたらお願いしましょう。書店のロゴが入ったブックカバーをかけてもらえます。また、オリジナルのブックカバーも販売されています。雑貨屋などで取り扱っていますので、文庫に合うサイズのブックカバーを探してみましょう。さらに、新書もサイズが小さめですし、軽量ですから、携帯に最適な本です。書店では新書サイズのブックカバーも用意しています。

    待ち時間の読書におすすめしたいジャンル

    待ち時間を利用して読書をしたくても、どんな本を選べばよいのか分からずに悩んでしまう場合があります。そのような方におすすめしたいのは短編小説です。短い小説ばかりが集められていますので、区切りがよいところで中断することができます。また、エッセイや随筆も区切りをつけやすいので、携帯用の本として最適です。一ページもしくは二ページ程度の作品がそろっていますから、短い待ち時間を有効に活用できるという特徴があります。ほかに、詩集や短歌、俳句などの文芸作品もおすすめです。待ち時間にじっくり堪能することができますので、味わい深いひとときを過ごせます。いずれのジャンルも文庫で購入することが可能ですから、書店を訪れたら待ち時間に適した本を探してみましょう。尚、新書は人文分野や科学分野などの学術的なジャンルだけではなく、自伝やハウツー本も見受けられます。多彩なラインナップですから、好みの新書を探して選ぶことがコツです。小説家や学者のほかに、芸術家やタレントも新書を出版していますので、選択肢は豊富です。

    待ち時間に最適な読書に関するまとめ

    外出した時に待ち時間を有効に過ごしたい場合は、読書をする方法がおすすめです。文庫や新書はサイズが小さい上に軽量ですから、携帯用として最適です。しかも、書店でブックカバーをかけてもらうこともできますので、人前で本を出しても気になりません。さらに、短編小説やエッセイならば、読書を中断しやすいという特徴があります。