買取り実績

  • 映画好き必見!おすすめの映画「舞妓Haaaan!!!」
    映画好き必見!おすすめの映画「舞妓Haaaan!!!」

    映画は日常を忘れさせてくれる、極上のエンターテインメントです。今回ご紹介するおすすめの映画は、くすっと笑えるものや考えさせられるものなど、幅広いジャンルの作品になっています。ぜひ参考にして、いつもの日常をより素敵なものにしてください。

    「舞妓Haaaan!!!」

    この作品は、主人公のサラリーマンが舞妓さんと野球拳をすることを夢見ていて、それを実現させるために奮闘するコメディ映画です。ちょっとおバカな主人公を演じる阿部サダヲのコミカルな演技が、見ている人の笑いを誘います。また、舞妓さんの裏側を垣間見たり、伝統的で楽しそうなお座敷遊びを見たりして、京都に行きたくなること間違いなしです。途中にミュージカルのような場面が入るので、テンポよく話が進んでいき、気軽に見ることができます。

    「そして父になる」

    第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した作品です。仕事に追われるエリートの夫と専業主婦との間にいる6歳の息子が、実は出生時に取り違えられていたということから物語は始まります。本当の愛や、血のつながりとは何なのかを考えるきっかけになる映画です。お子さんがいる人もいない人も、「自分がもしこの立場になったらどうするのか」を想像しながら見てみてください。

    「マンマ・ミーア!」

    この作品はイギリスとアメリカ、スウェーデンが共同で作ったミュージカル映画です。主人公の女の子が結婚式を控え、自分の本当のお父さんを見つけ出そうとするストーリーです。舞台でも上演されているほど人気の作品になっています。劇中に出てくる音楽は、「ABBA」というポップ音楽グループの楽曲が中心です。どの曲も心に残るメロディーで映画とよく合っているので、映画を見たあとは口づさんでしまいそうです。

    「インサイド・ヘッド」

    この作品は、主人公の女の子の頭の中にあるヨロコビやカナシミなど、全部で5つの感情にスポットを当てたディズニー映画です。日常のできごとに対して奮闘する感情たちの行動がおもしろく、自分の頭の中にもこのようなやり取りが行われているのかと思わせてくれます。そして、これを見た後はそれぞれの感情の大切さを知ることができるでしょう。

    映画の持つ力を実感しよう

    映画にはそれぞれ見ている人へ伝えたいテーマがあります。今回ご紹介してきた映画はすべてジャンルの違うものになっているので、その時の気分や気になるテーマに合わせて選んでみてください。一人で見るのはもちろん、友達や大切な人と一緒に見るのもおすすめです。映画の感想や物語のその後を語り合ったりして、より映画を深く楽しんでみてください。