買取り実績

  • 本の電子化によるメリットとデメリット
    本の電子化によるメリットとデメリット

    ITの台頭によって本も電子化が進められるようになってきました。お気に入りの本があるときには電子化して読めるようにすることもできますが、紙媒体として持っているのに比べてどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    電子化すると携帯性が高まる

    紙媒体の本を電子化することによって得られるメリットとしてよく着目されているのが携帯性が高まることです。出先で本を読みたいというときや、参考書などでいつでも参照できるようにしたいという場合には本を持ち歩くのは重いということがよくあります。電子化してしまえばスマートフォンやタブレットなどの携帯性の良い軽い端末でいつでも読むことが可能です。何冊分であってもデータ容量が許せば同じ重さで持ち運びができる点もメリットになります。

    保存性も良くなる電子化

    電子化を行うことによって紙媒体よりも保存性が良くなるのもメリットです。紙はどれだけ上質なものを用いていたとしても経年劣化を起こしてしまいます。読む度に手垢がついて汚れて読みにくくなりやすく、光の影響で紙やインクの質が低下していってしまいがちです。電子化すればデータを保存したメディアが故障しない限りはいつでも参照することができます。バックアップをいくらでも増やすことができるので貴重な内容を保存するのに適している方法と言えます。

    読みやすさと健康面に関するデメリット

    本の電子化によって得られるメリットは多いものの、読むことを考えるとデメリットも少なくありません。読書に慣れている人にとって電子化された本よりも紙媒体の本が読みやすいというのはよくあることです。ページを行ったり来たりして読みたいというときに直感的にページを変更できる紙媒体は本を読み慣れている人にとって魅力とされています。電子化しての何ページを参照するという感じでページ遷移をすることはできますが、あまりページ数については意識していないことが多いのが実情です。また、健康面についても電子化するとディスプレイから出る強い光が目や脳に良くないという知見があります。電子化した場合にはその刺激を考慮して、特に休憩をしながら読む必要性が高いのです。

    使い分けをするのが大切

    電子化によるメリットもある一方、紙媒体のままの方が良い部分もあります。紙媒体の本を電子化するときには裁断を行わなければならないことも多く、どちらか一方を選ばなければならないことになりがちです。本の種類や読みたいタイミングがいつかによって使い分けをすると電子化された本とも紙媒体の本ともうまく付き合うことができます。