買取り実績

  • 本好きのための本の正しい保管方法!
    本好きのための本の正しい保管方法!

    皆さんは、お気に入りの本や雑誌を保管するとき、どのようにして保管していますか?
    本棚に並べたり、段ボールに詰め込んだり、人によってさまざまな方法がありますよね。
    しかし、その方法ではお気に入りの本が劣化しやすくなる場合もあるのです!
    今回は、お気に入りの本をより長持ちさせるための方法を紹介していきます。

    本の保管に適した環境を整えよう!

    再生紙やコート紙、上質紙などといったように、本に用いられる紙にはさまざまな材質のものが使用されており、その材質によって保管方法も変わってきます。
    ですが、一般的な本の保管に適した室温は16度から22度で、湿度は40パーセントから60パーセントとされています。紙は、湿度や温度に影響されやすいため、温度や湿度が高すぎると結露やカビの原因になります。
    また、本が保管されている部屋の照明についても注意すべきポイントです。照明から発生する紫外線や照明が強すぎたりすることによって、「焼け」が発生してしまう原因となることが多いのです。照明を調節したり、紫外線防止タイプの照明を用いるなどの工夫をすることも大切です。

    劣化する前に保護をしよう!

    環境を整えるほかにも、本自体を保護することによって劣化しにくくなり、きれいなまま保管することができます。カバーひとつとっても、保護フィルムやブックコートフィルムなど、その種類もたくさんあります。最近では、100円ショップなどでも手軽に購入することができるので、こまめに活用することをおすすめします。
    本の大きさや保管場所に合わせて使い分けるようにしましょう。環境を整えるほかにも、本自体を保護することによって劣化しにくくなり、きれいなまま保管することができます。カバーひとつとっても、保護フィルムやブックコートフィルムなど、その種類もたくさんあります。最近では、100円ショップなどでも手軽に購入することができるので、こまめに活用することをおすすめします。
    本の大きさや保管場所に合わせて使い分けるようにしましょう

    本が破けてしまったら!?

    何度も読み返しているうちに、本はどんどん古くなっていきます。劣化や使っているときのアクシデントなどによって本が破けてしまった場合、セロハンテープなどを使う人が多いのですが、おすすめは「製本テープ」や「製本のり」です。製本テープなどは、セロハンテープと違って茶色く変色しにくく、また「製本」という言葉がついているように、修繕をする際に本自体を傷つけにくいのです。

    本の置き方も大切!

    読み終わった本などを保管する際に、山積みにしてしまう人もおおいのですが、実はこの方法では、本に余計な圧力がかかってしまい、本が変形する原因となってしまいます。本を保管する際には、必ず立てて保管し、隙間なく詰めないようにしましょう。たくさんの本を保管するときには、ブックエンドを使うのも良い方法といえます。

    今回のまとめ

    温度・湿度、照明の強さや保管方法などを振り返ってみると、本はとてもデリケートなものといえるでしょう。今回紹介して方法は、お気に入りの本を保管するときだけでなく、いらない本を高く買取ってもらうときにも使える方法です。なかには今からでもできる手軽な方法もありますので、是非ともチャレンジしてみてくださいね!