買取り実績

  • 泣けるDVD映画のおすすめ作品
    泣けるDVD映画のおすすめ作品

    世の中には人の心を揺さぶるDVD映画が数多くあり、沢山の感動をもらうことが出来ます。特に映画史に名を残すような作品は、涙腺を刺激せずにはおかないもので、泣きたいときの必須アイテムとしてもおススメです。人は涙を流すことで、ストレス発散にもなり、明日への英気が養われることにもなるからです。

    「きみに読む物語」

    「きみに読む物語」は、2005年に大ヒットした映画で、身分の違いを描いたラブストーリーに仕上がっています。ニコラス・スパークスのベストセラーが原作で、認知症の老女が17歳だった頃の話を、彼女に語りかける形でストーリーが展開します。語り手と彼女の、生涯にわたった純愛が切なく描かれています。テーマとなっているのが、「会うたびに容姿が変わる相手を、人は愛せるのか?」。それは、決して他人事で済ませることではないと言えます。それ故、夫婦やカップルで観てもらいたい映画の一つで、身分的格差も問題も入って見ごたえ抜群です。中でも、二人が分かり合えなくなる中で、分かり合える瞬間が訪れたとき、至福の瞬間が訪れます。それは、今を大事にして生きることの大切さを教えてくれます。

    「ビューティー・インサイド」

    「ビューティー・インサイド」は、韓国映画史上に残る映画で、毎朝目が覚めると容姿が変わる、男性主人公の恋愛物語です。元は男性だった主人公は、ある日目が覚めると女性になっていました。その後も、子供に変わったりと、性別や年齢が変わってしまコミカルラブストーリーになっています。一見、突拍子もない設定に単なるコミカル映画な印象を持ちますが、ストーリーが展開されるに連れて、思わぬ感動シーンに遭遇します。人は、愛する人のの性別や人種が変わっても、本当の愛し抜けるのか?愛とは何か?そうした深刻なテーマが物語の根底に流れているわけです。主人公を演じる役者は、総勢100人以上にものぼり、それぞれが見ごたえのある演技で観る人を魅了します。

    「ゴーストニューヨークの幻」

    「ゴーストニューヨークの幻」は、死んだ恋人が幽霊になって現れる、泣ける映画の代表とも称される作品です。映画の主題歌も大ヒットし、映画の内容と合わさって、不屈の名曲として愛されています。泣きたいときは一人で観るのがおすすめですが、カップルで観ると至極の時間を過ごす事ができます。話の内容としては、ファンタジックな印象をもたれがちですが、ストーリーや演出自体もしっかり練られています。それ故、リアル感が高く、観ている方としては、現実と映画の境目が分からなくなるほどです。それでも、映画ならではのコミカルな場面もあり、笑いと涙が絶妙のバランスになっています。

    観る人の求めに応える

    名作映画として長く愛されている作品は、何回観ても感動できるものばかりで、自然と涙があふれてくるものです。時には誰も教えてくれないような大切な事も、映画を通して学ぶ事ができます。映画の観方や求めるものは、人によってそれぞれ異なります。但し、名作と称されているものは、どのような求めにも応えてくれるわけです。