買取り実績

  • 知らない人はいない?日本を代表する作家・東野圭吾の魅力とは!
    知らない人はいない?日本を代表する作家・東野圭吾の魅力とは!

    日本人なら読書家でなくとも東野圭吾氏を知らない人はあまりいないのではないでしょうか。多作で知られ、多数のドラマや映画の原作として使われてきたこともあって、小説は読んだことがなくても名前は知っているという人も多いかもしれませんね。

    圧倒的な知名度を誇る東野圭吾氏の魅力とは!

    ドラマや映画の原作となった東野圭吾作品のなかでも、特に有名なのが「新参者」や「ガリレオシリーズ」でしょう。ガリレオシリーズは超人気タレント福山雅治さんが主役を務めたこともあって、国民的作品といえるほど知名度が高くなっています。東野圭吾作品はたとえ殺人事件を題材にしていたとしても、どれも人の痛みに寄り添った暖かさに溢れています。そんな世界観が高く支持されているからこそ、これだけ長く愛されてきたのではないでしょうか。内容の素晴らしさに加えて、東野圭吾氏の小説を直に手にとって読んだことのある人なら誰でも知っていることがあります。東野圭吾作品は圧倒的に読みやすいのです。過度の装飾を使わずシンプルでありながら、スっと頭に入ってきて豊かなイメージを喚起させてくれるのが東野圭吾作品の大きな特徴です。

    加賀恭一郎シリーズ「赤い指」の衝撃

    加賀恭一郎シリーズは東野圭吾氏の代表作の1つです。ドラマ「新参者」の原作となった名作で、主人公の加賀恭一郎を俳優の阿部寛さんが演じたことで話題となりました。阿部寛さんの演技があまりにもハマり役だったため、今も加賀恭一郎シリーズを読むと阿部寛さんのイメージで再生されてしまうほどです。その第7作目となる「赤い指」は非常に衝撃的な作品です。どこにでもある普通の家庭で、見知らぬ女の子の死体が発見されることからお話は始まります。家の主である昭夫は中学生の1人息子直巳の犯行だと知りますが、妻が息子をかばうためやむなく死体を近くの公園に捨てに行きます。加賀恭一郎たち警察の捜査がじわじわと昭夫の家族に迫り、ついに昭夫は犯行を認知症の進んだ母親になすり付けようと考えるのです。加賀恭一郎は罪のない母親が逮捕されるのを防ぐとともに、昭夫たち家族に真相を白状させようと画策します。加賀恭一郎が明らかにする事件の裏にあった真実を知った時の衝撃は今も忘れられません。まだ読んだことのない方には是非ともお勧めしたい作品です。

    エロティシズム溢れる「美しき凶器」

    「美しき凶器」はスポーツ界のドーピング問題を扱った作品です。しかしただの違法薬物摂取ではありません。非常におぞましい方法で筋肉を強化する方法を開発したマッドサイエンティストがもたらす悲劇が描かれているのです。美しき凶器となった女性が超人的なパワーを武器に殺人を重ねますが、最後には銃弾に倒れます。東野圭吾作品には珍しく比較的エロティックな作品に仕上がっており、男性なら面白く読めることは間違いないでしょう。スピード感のある痛快な内容で、手軽に読める作品となっています。

    ガリレオシリーズの傑作「聖女の救済」

    「1年以内に子どもができなかったら離婚する」というライフプランを持つ男性が殺害されます。真っ先に犯行が疑われた妻には鉄壁のアリバイがありました。ガリレオが暴き出した真相は驚くべき内容で常人にはとてもできそうもないものです。しかしそれだけに恐ろしく執念を感じさせます。不妊という理由で離婚を切り出す男には呆れますが、かつては普通にあった価値観です。不妊に悩む女性の思いに切り込んだテーマの選び方は見事です。活字離れが進んでいると言われますが、東野圭吾作品なら読みやすく面白いので、読書をあまりしない人にも自信をもっておすすめできます。