買取り実績

  • 読む状況によって環境を考える大切さ
    読む状況によって環境を考える大切さ

    読みたい本があるというときにどのような環境で読むかはよく考えるのが大切です。本を読もうと考えた状況によって読むのに適している環境にも違いがあります。本を手にしたらどこで読むのが良いかを考える習慣をつけるようにしましょう。

    本を読む状況の違い

    本を読もうと考えるきっかけは時と場合によって異なります。たまたま面白そうな評論を見つけたというときや、ずっと読んできた小説の新刊が出版されたというときには内的な要因によってどんな内容かを確認したいというのが主な目的です。一方、試験のために参考書を読まなければならない、スキルを伸ばすために実用書を読むという場合には外的な要因から内容を理解しなければならない状況になっています。このような状況の違いが読むのに適した環境に違いをもたらすのです。

    内的な要因で読むのに良い環境とは

    心の奥底から自発的にこの本をぜひ読みたいと考えている場合には本を読むのに適した環境は比較的許容性があります。内的な要因で読むのに良い環境として、周りからの干渉をあまり受けないことが重要です。自宅の自室で読むのは最も周りからの干渉を受けにくい点で優れています。静かな雰囲気のカフェや公園なども有力な候補になります。職場や学校、あるいは自宅のリビングのように他の人に声をかけられることが多い場所はあまり適していません。せっかく読んでいたのに気を逸らされてしまったと感じてストレスを抱えることになりかねないからです。

    外的な要因で読み進めるのに適した環境

    読まなければならないというプレッシャーを感じている状況で本を読む場合には読み進めやすい環境を整えるのが大切です。自室で読もうとしても他に興味のあるパソコンやテレビなどがあると読む気持ちを逸らしてしまう原因になります。図書館の自習室のように周囲にも読書や勉強をしている人がいて、そこにいる限りは他のものに興味を奪われない場所を選ぶのが適切です。カフェも有用な選択肢の一つですが、あまり騒がしいカフェを選ばないように注意しなければなりません。一人で読み進めるのが難しいというときには、同じ本を読もうとしている仲間を探して集まって読むのも良い方法になります。

    読みやすい環境は場合によって異なる

    何をどのような目的で読むかによって、読むのに最適な環境は異なります。内的な要因か外的な要因かによって大まかに分けることはできますが、読む本の内容にも影響されることは否めません。これから本を読もうというときには焦らずにまずはどこで読むのが望ましいかを想像して、落ち着いて読み始めるようにするのが大切です。