買取り実績

11〜15件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 46
  • 勇気をもらえる冒険ファンタジー「ブレイブ・ストーリー」
    勇気をもらえる冒険ファンタジー「ブレイブ・ストーリー」

    「宮部みゆき」と言えば一度は名前を聞いた事がある方が多いのではないでしょうか。私が初めて読んだ宮部みゆきさんの作品は、「ブレイブ・ストーリー」です。これは2003年発売のファンタジー冒険小説で、約600ページもある分厚いハードカバーが上下巻に分かれています。それではこの作品の魅力をお話していきます。

    始まりは何気ない日常生活から

    これは「ファンタジー冒険小説」と先ほども言いましたが、最初はごく平凡な日本の家族の物語からストーリーは始まります。優しい両親に育てられた小学5年生の「三谷亘」、彼がこの物語の主人公です。彼は毎日平和に学校に行き、友人の「カッちゃん」と時々小さな冒険をしながら日々を過ごしていました。しかし、彼の知らない内にその平和な日常にも魔の手が忍び寄っていたのです。

    謎の美少年転校生の登場と突然壊れる平和な日常

    平和な日常の中、隣のクラスに「芦川美鶴」と言うミステリアスな美少年が転校してきます。亘は何かと彼と衝突を繰り返すのですが、後にその存在は大きなものとなります。私はこの「芦川美鶴」がとても気になる存在でした。平和な日常の中に現れた彼の存在は、読者を引き込むカンフル剤の役割を持っていたと思います。
    そんな少しずつ変化を見せる亘の世界に、「両親の離婚」と言う決定的な亀裂が入ります。ショックを受けた母親は自殺未遂で昏睡状態、亘はどうにか母親を助けたいと願います。そんな時に亘は美鶴から「願いを叶えたいなら『幻界』に行けば良い」と教えられます。『幻界』とは現実世界とは異なるまさにファンタジーゲームのような世界で、美鶴もある願いを叶えるために幻界を行き来していたのです。
    「現世とは異なる世界に行ける」、当時まだ子供だった私にはまさに憧れてしまうような、夢のような物語でした。また、ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」も大好きだったため、通ずるものを感じたのです。

    『幻界』での戦いと願い

    「母親を助けたい」と決心した亘は、いざ『幻界』へと飛び込みます。美鶴も『幻界』にいましたが、願いを叶えるのに必要なオーブを集めるため二人は時に敵対します。『美鶴の願い』は読んでからのお楽しみと言う事で控えますが、美鶴は自分の願いを叶えるために手段を選ばず進んでいきます。一方亘は「『幻界』の人達にも平和に暮らしてほしい」と言う優しさがありました。二人は光と影のように相反する性質を持っていたのです。
    この絶対に相容れない存在が、お互いを引き立てストーリーが際立ったように思います。また、亘は本来の朗らかな性格から周りの協力者も多かったのですが、美鶴は完全に一匹狼で全てをやり遂げようとしていました。悪役のように描かれていながらも、美鶴のその「一人でやり抜く力と勇気」と言う部分に私は憧れのような気持ちを持ちました。
    また「目的のためには手段を選ばない」と、我が道を進んで行く美鶴には、「はてしない物語」のバスチアンに重なる部分もあるように感じました。しかし『美鶴の願い』を知ると、何ともやるせないその切実さに胸を打たれます。本来の主人公は亘ではありますが、美鶴自身の練り込まれた物語を読むと、彼もまた第二の主人公なのではないかと思います。

    子供にも大人にも読んでもらいたい物語

    小学生が主人公の長編ファンタジーではありますが、この物語は子供はもちろん大人にも読んでもらいたいと思うストーリーです。何故なら最後の部分がまた「宮部みゆきさんらしい」終わらせ方だからです。単なるハッピーエンドではない、だけどバッドエンドでもない、読者の心に余韻を残すような終わらせ方なのです。読み終えた時、貴方の心にはどんな「勇気」が宿っているでしょうか。

  • 文筆家、星野源の魅力とは
    文筆家、星野源の魅力とは

    歌にドラマにと多方面でマルチな活躍をみせている星野源さん。もともとはSAKEROCKというインストゥルメンタルバンドでギターとマリンバを担当する一方、大人計画の役者としてドラマや舞台に出演していました。並行して雑誌にエッセイを寄稿してきた文筆家としての星野源さんの魅力は一体どこにあるのでしょうか。

    ユーモアを交えた表現と死生観を感じさせる不思議な魅力

    星野源さんの処女作は「そして生活はつづく」というエッセイ集です。歌手としてソロデビューする前の2009年に出版されているこのエッセイ集では、子どもの頃の話やSAKEROCKでのファーストアルバムのレコーディングとおじいちゃんの思い出など、星野源さんのベースとなる部分にまつわるエピソードが面白おかしく描かれています。星野源さんのラジオなどを聞いたことがある方ならその明るく、人が大好きな部分をご存知かもしれません。しかし小学校の頃は暗い性格だったと公言していて、当時の様子も本人の言葉でつづられています。その後音楽や演劇と出会うことで自分の中のもやもやした部分を発散する方法を発見し、どれか一つに絞れなかった結果が現在のマルチな活動へとつながっていっていることがわかります。

    「蘇える変態」で完全復帰へ

    2012年の年末、レコーディングを終えた直後にくも膜下出血で倒れたときのことが「蘇える変態」というエッセイ集で克明に描かれています。基本的には面白おかしく、時に下品になりすぎない程度の下ネタなども交えつつユーモアあふれる文章で日々のことをつづっているのですが、エピソードが時系列で掲載されているため、2012年に倒れたところからはかなりリアルに手術前や入院中のことが書かれています。読んでいて苦しくなるような部分も、本人の生きたいという前向きな姿勢に後押しされますし、真面目になりすぎないようにくだけたエピソードを盛り込んだりするサービス精神が垣間見られる点からも、星野源さんという人間の懐の深さを感じることができるでしょう。

    エッセイだけでなく、対談集や雑談集も

    星野源さんはエッセイの他にも、ソロデビューするきっかけにもなった細野晴臣さんとの対談集や、いろいろな人との雑談集も出版してきました。エッセイとはまた一味違い、人ととの会話の中からものの見方や創作活動への思いが垣間見えて、とても面白い作品ぞろいです。音楽や役者としてもさることながら、文筆家としての活躍もますます期待できそうです。

     

  • 1990年代前半の「週刊少年ジャンプ」人気のすごさを振り返る
    1990年代前半の「週刊少年ジャンプ」人気のすごさを振り返る

    現代の10代・20代の間では当時を知らない人が大半の状態となってきていますが、現在もONE PIECEなどの力で人気がある「週刊少年ジャンプ」は、1990年代前半に現在の数倍の人気を誇っていました。そんなブーム期の少年ジャンプを振り返ります。

    ドラゴンボールの連載開始がブームのきっかけ

    集英社の週刊少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」は、1960年代後半の創刊以来、多数の人気作品を輩出してきました。テレビアニメ化された作品も多かったため、創刊以来、着実に読者を増やしてきました。その中でも特に、1980年代半ばに鳥山明作品「ドラゴンボール」の連載されてからの人気アップは著しく、1980年代後半にはテレビアニメ版の人気もあって部数が急上昇しました。そして、国民的人気作品ばかりで連載作品が占められていた1990年前後からドラゴンボールの連載が終了した1995年まではブーム・社会現象といってよいほどの人気を誇っていました。書店には毎週ジャンプが山積みされるもののあっという間に売り切れる状態で、学生が友達同士で話す話題はジャンプに関する話題で持ちきりでした。

    人気のすごさを表す数値データ

    集英社の会社情報ページでは、1990年代前半のジャンプブーム期のすごさを感じさせる、部数に関する公式情報が一般公開されています。それによると、1993年から1994年にかけての年末年始合併号である1994年3・4合併号がまず、それまでの記録を上回る648万部を発行しました。翌年の1994年から1995年にかけての年末年始合併号である1995年3・4合併号では前年を5万部上回る653万部を発行し、この時期に週刊少年ジャンプの人気は最高潮に達しました。なお、当時の編集長さんはインタビューにて653万部がほぼ完売したこと、700万部もイケただろうという事を語っています。また単行本に関する記録としては「ドラゴンボール」が1994年に累計売り上げ部数が1億冊を突破しました。

    ブームの終焉

    1995年半ばに「ドラゴンボール」が突如終了、1996年には「スラムダンク」が第一部完結という形で実質的に連載終了してしまったことなどにより、1995年以降は部数が伸びどまり、一気にブームは終焉しました。そして部数は長く下降が続いています。1990年代後半にスタートした「ONE PIECE」の単行本の売れ行きのすごさは度々ニュースにはなるものの、雑誌の部数に関しては、2017年に200万部をきってしまったことが報じられています。

    今後のブーム再燃はあり得るか?

    各コミック誌が電子版をスタートする中、近年は週刊少年ジャンプも独自に電子版をスタートしました。そしてkindleやkoboで配信開始されるのも時間の問題と言われているため、紙の雑誌的には部数で1990年代当時を超えることはないとみられています。しかし国民的雑誌のため、今後、電子版の配信数が300万部・500万部と伸びていく可能性はあり、ジャンプの電子雑誌戦略には大きな注目が集まっています。

  • 知らない人はいない?日本を代表する作家・東野圭吾の魅力とは!
    知らない人はいない?日本を代表する作家・東野圭吾の魅力とは!

    日本人なら読書家でなくとも東野圭吾氏を知らない人はあまりいないのではないでしょうか。多作で知られ、多数のドラマや映画の原作として使われてきたこともあって、小説は読んだことがなくても名前は知っているという人も多いかもしれませんね。

    圧倒的な知名度を誇る東野圭吾氏の魅力とは!

    ドラマや映画の原作となった東野圭吾作品のなかでも、特に有名なのが「新参者」や「ガリレオシリーズ」でしょう。ガリレオシリーズは超人気タレント福山雅治さんが主役を務めたこともあって、国民的作品といえるほど知名度が高くなっています。東野圭吾作品はたとえ殺人事件を題材にしていたとしても、どれも人の痛みに寄り添った暖かさに溢れています。そんな世界観が高く支持されているからこそ、これだけ長く愛されてきたのではないでしょうか。内容の素晴らしさに加えて、東野圭吾氏の小説を直に手にとって読んだことのある人なら誰でも知っていることがあります。東野圭吾作品は圧倒的に読みやすいのです。過度の装飾を使わずシンプルでありながら、スっと頭に入ってきて豊かなイメージを喚起させてくれるのが東野圭吾作品の大きな特徴です。

    加賀恭一郎シリーズ「赤い指」の衝撃

    加賀恭一郎シリーズは東野圭吾氏の代表作の1つです。ドラマ「新参者」の原作となった名作で、主人公の加賀恭一郎を俳優の阿部寛さんが演じたことで話題となりました。阿部寛さんの演技があまりにもハマり役だったため、今も加賀恭一郎シリーズを読むと阿部寛さんのイメージで再生されてしまうほどです。その第7作目となる「赤い指」は非常に衝撃的な作品です。どこにでもある普通の家庭で、見知らぬ女の子の死体が発見されることからお話は始まります。家の主である昭夫は中学生の1人息子直巳の犯行だと知りますが、妻が息子をかばうためやむなく死体を近くの公園に捨てに行きます。加賀恭一郎たち警察の捜査がじわじわと昭夫の家族に迫り、ついに昭夫は犯行を認知症の進んだ母親になすり付けようと考えるのです。加賀恭一郎は罪のない母親が逮捕されるのを防ぐとともに、昭夫たち家族に真相を白状させようと画策します。加賀恭一郎が明らかにする事件の裏にあった真実を知った時の衝撃は今も忘れられません。まだ読んだことのない方には是非ともお勧めしたい作品です。

    エロティシズム溢れる「美しき凶器」

    「美しき凶器」はスポーツ界のドーピング問題を扱った作品です。しかしただの違法薬物摂取ではありません。非常におぞましい方法で筋肉を強化する方法を開発したマッドサイエンティストがもたらす悲劇が描かれているのです。美しき凶器となった女性が超人的なパワーを武器に殺人を重ねますが、最後には銃弾に倒れます。東野圭吾作品には珍しく比較的エロティックな作品に仕上がっており、男性なら面白く読めることは間違いないでしょう。スピード感のある痛快な内容で、手軽に読める作品となっています。

    ガリレオシリーズの傑作「聖女の救済」

    「1年以内に子どもができなかったら離婚する」というライフプランを持つ男性が殺害されます。真っ先に犯行が疑われた妻には鉄壁のアリバイがありました。ガリレオが暴き出した真相は驚くべき内容で常人にはとてもできそうもないものです。しかしそれだけに恐ろしく執念を感じさせます。不妊という理由で離婚を切り出す男には呆れますが、かつては普通にあった価値観です。不妊に悩む女性の思いに切り込んだテーマの選び方は見事です。活字離れが進んでいると言われますが、東野圭吾作品なら読みやすく面白いので、読書をあまりしない人にも自信をもっておすすめできます。

     

  • 小説だけじゃない!村上春樹のエッセイ、旅行記の魅力
    小説だけじゃない!村上春樹のエッセイ、旅行記の魅力

    新刊を発表するたびにテレビや新聞などで話題にあがる村上春樹さん。ノルウェイの森や1Q84など長編小説が村上作品の真骨頂ですが、実はエッセイや旅行記におけるちょっと脱力したユーモアあふれる文章にもたまらない魅力があります。

    日常の一コマから独自のワールドへ

    村上春樹さんのエッセイでは、普段生活している中でふと感じた疑問や気になること、かつて暮らしていた土地でのちょっとした出来事や不思議な体験などが独自の視点で語られています。きっかけは好物のドーナッツだったり、暇だからたまたま訪れた動物園だったりと普段の暮らしで起こることが多いのですが、そこからドーナッツの穴がいつ発明されたかという話へと展開していったり、長いことお互いの顔を直視し合ったライオンは果たして自分の目の中に何を探していたのかと考えを巡らせたりと、ちょっと意外な方向へと話が広がっていきます。ひょうひょうとしていながら、思わずこちらがくすりと笑ってしまうようなユーモアのセンスが感じられる文章はクセになり、ついいつまでも読み続けてしまう人も多いのではないでしょうか。

    緩急を心得た読者とのやり取り

    かつて村上春樹さんは村上朝日道というホームページを開いていました。そのページ上では読者からの質問メールに答えるやりとりメールが公開されていて、いくつかは書籍になっています。文芸評論家の批評をどう思うか、作品の推敲は画面上で行うのか、などといった真面目な質問から、サンドイッチは縦から食べるか横から食べるか、アイロンをどうしたら上手にかけられるようになるか、などたわいもない質問までその内容は多岐に渡ります。時に真剣に回答したり、時にユーモア交えて面白おかしく回答したりと、その緩急を心得た読者とのやりとりはまさに絶妙。村上朝日道のホームページが閉鎖されたあとも期間限定の新たなホームページで読者とメールのやりとりをするなど、読者との交流シリーズが根強い人気があることを物語っています。ファンにとっては直接村上春樹さんから返信をもらえるチャンスということもあり、次の機会を待っている人も少なくないかもしれません。

    変なモノを語る絶妙な表現

    村上春樹さんは旅行記もいくつか出していますが、特にユーモアがあふれていて面白いのが東京するめクラブによる「地球のはぐれ方」です。東京するめクラブのメンバーは村上春樹さん、写真家の都築響一さん、エッセイストの吉本由美さんで構成されていて、この三人でちょっと変な場所へ行くというのがコンセプトでした。それぞれ独自の視点を持つ三人があれこれやりとりをする様もさることながら、大都市でありながら独自の固有性を持った名古屋という土地について真剣に考察しつつ、名古屋のB級グルメについての感想を忌憚なく書き記す村上春樹さんの文章は、思わず笑ってしまうとともに、なるほどとこちらを納得させてしまう説得力があります。ちょっと変な場所やモノを旅行記の対象に選ぶあたりにもユーモアのセンスが感じられますね。

    素敵な文章に触れた瞬間はまさに「小確幸」

    村上春樹さんはたびたび「小確幸(しょうかっこう)」という言葉を使います。村上春樹さんの造語だそうですが、「小さいけれど確かな幸せ」という意味だそうです。村上作品のエッセイや旅行記でのユーモアあふれた素敵な表現を目にしてほくそえんでしまう瞬間は、まさに「小確幸」。小確幸の積み重ねが人生を豊かにする秘訣なのかもしれません。

11〜15件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 46