買取り実績

16〜20件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 8 46
  • 出版業界とビッグスリーの動向
    出版業界とビッグスリーの動向

    現在、国内には約3600社の出版会社があるとされており、そのうちの7割ほどが東京に本社を構えています。中でも、千代田区は大手出版社が集中しており、エリア一帯が出版城下町となっています。帝国データバンクによると、2012年度の各社の売上では、売上高上位10社のうち7社で減収となっています。

    逆風の中でも善戦の集英社

    出版業界で落ち込みが激しいのは、書籍よりも雑誌の方で、雑誌を収益の柱としている出版社にとって、死活問題となっています。最近では異業種との連携などに新たな可能性を模索しています。苦戦続きの出版業界の中でも、比較的に善戦しているのが、常に売上トップの座を守っている集英社です。1925年創業の同社は、小学館と共に一ツ橋グループを形成しており、「週刊少年ジャンプ」を主軸に各種週刊誌を出版しています。それ以外にも、文芸書や文庫などを出しており、圧倒的な発行点数を誇っています。特に、集英社の女性誌は売上が好調で、激戦である女性ファッション誌において、首位をキープしています。

    漫画・アニメ業界の一翼を担う講談社

    集英社に次いで業界2位の売上高を誇っているのが、1938年創業の講談社です。元は講談に特化していた「大日本雄弁会」が前身で、現在は光文社や星海社を傘下におく、音羽グループを形成しています。週刊誌では、「週間現代」や「フライデー」を刊行しており、社会的な発信力に定評があります。文学作品に関しては、江戸川乱歩賞を後援しており、受賞作品が同社から発行されています。漫画雑誌では、「少年マガジン」などがあり、日本の漫画・アニメ業界の一翼を担っています。特に、2009年に少年マガジンで連載された「進撃の巨人」は、社会現象になるほどの盛り上がりを見せました。

    子供達と共に成長の小学館

    集英社と共に一ツ橋グループを形成している小学館は、売上の面でも第3位の位置を占めています。創立は1945年で、小学生向け出版物を主に刊行していました。それ故、児童向けの雑誌や教育書などに強みがありましたが、昨今、この分野でも落ち込みが続いています。その背景には、やはり少子化問題があり、かつて一世を風靡した「小学◯年生シリーズ」は、現在1・2年生のみとなっています。コミック誌に関しては、「少年サンデー」や「コロコロコミック」など根強いファンをもつ雑誌を数々刊行しています。中でも、2014年にコロコロコミックで連載された「妖怪ウォッチ」は、関連グッズが爆発的に流行したことでも知られています。

    多様なメディア戦略を図る角川書店

    出版業界のビッグスリーが、逆風の中でも善戦している中、新たな活路の探求で格闘しているのが角川書店です。現在は、株式会社KADOKAWAの社内カンパニーとなっており、内部組織として独立しています。2014年には「ニコニコ動画」のドワンゴと経営統合を果たしており、多様なメディア戦略を図っているわけです。

     

  • 映像で見られるカズオ・イシグロ作品はあるのか?
    映像で見られるカズオ・イシグロ作品はあるのか?

    カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞して以来、これまでに発表した各小説作品が軒並み書店・通販でベストセラーとなっています。しかし、世の中には小説を読むのを苦手とする人もいます。そんな人でも簡単に作品を楽しめる映像作品はあるのでしょうか?

    ブッカー賞受賞「日の名残り」は大物俳優主演で映画化

    1989年発表のブッカー賞受賞「日の名残り」という作品は、カズオ・イシグロさんの代表作と評されています。そして、そのブッカー賞という賞は英国で最も権威ある文学賞という意味で、日本でいうところの芥川賞or直木賞にあたるため、そんな賞を受賞した「日の名残り」は日本でも特に高い関心を集めています。しかし、それでも小説をほとんど読んだことがないので完読できるか心配という方もいると思います。そんな場合は、この作品は英国・米国が共同製作した映画版をみるのがおすすめです。しかも、主演は日本で知らない人はいないと思われる英国人俳優のアンソニー・ホプキンスなので有名な人が出ている映画しか見る気にならない人でも心配いりません。なお、セルDVDのほうはすごい売れ行きで入手困難な状態ながら、売り切れが関係ない配信版のほうが低価格にてオンラインレンタルできます。

    世界中で大ヒットした「わたしを離さないで」は日本作品もあり

    小説を読むのは苦手だし、映画に関しても洋画はあまり好きではなくて邦画しか興味がない、という人もいると思います。そんな人には、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんがメインキャストとして登場するTBSドラマ作品がおすすめです。この作品はカズオ・イシグロ氏の作品が初めて祖国・日本で映像化された形になる記念すべき作品です。内容が衝撃的なため、放送当時は大きな話題となりました。映像の観かたとしては、まずは綾瀬さんとイシグロさんの対談まで特典で収録されたDVD-BOXを買うという方法があります。ただし、セルDVD-BOXは高額のため、大手映像配信ストアでは全10話のセットレンタルではなく、1話ごとのレンタルが可能になっていますので1話ごとレンタルして少しずつ見進めることが可能です。

    「わたしを離さないで」は英国版映画あり。短時間で見られます。

    「わたしを離さないで」は、日本版の映像作品だけしかないわけではなく英国で製作された映画作品なもあります。メインキャストは日本でも有名なキャリー・マリガンやキーラ・ナイトレイです。TBSドラマのほうは連ドラのため見終えるまでに相当な時間がかかりますので、もっと早くに見終えたい場合は、こちらの英国映画版のほうがおすすめです。

    その他の作品は小説で読む必要あり

    日本で既に映像化されているのは、ともに代表作として有名な以上の作品のみとなっています。そのため、あの作品は小説を通じて作品を楽しむしか方法がありません。しかし、イシグロ氏の作品には小説を読むのが苦手な方でも読みやすい短編集や、ファンタジー系作品もあります。日系人がノーベル文学賞を受賞したのを祝す意味合いでも、是非、自分でも読めそうな作品を読んでみてはいかがでしょうか。

     

  • 本を買わずに読みたいときに行く場所
    本を買わずに読みたいときに行く場所

    興味のある本を見つけ出して読みたいというときには公立図書館を利用するのが一般的です。しかし、本に関わるサービスが多様化してきた影響を受けて、買わずに本を探して読みたい場合には他の選択肢も増えています。

    公立図書館は買わずに多くの本を読める

    本を買わずに読みたい本を探して自由に読みたいと考えたら図書館が候補としては一般的です。公立図書館であればそのエリアに住んでいる人であれば利用できます。他のエリアに該当していても入館に規制がかけられていなければ貸し出しを受けられないだけで自由に閲覧することが可能です。読書スペースとして静かに読める場所を確保してくれている図書館もあるため、良い本を見つけられれば落ち着いて読むことができます。また、リクエストをすると本を買ってくれるサービスや他の公立図書館から取り寄せてくれるサービスも利用できるエリアが増えてきました。地元のアクセスが良い場所に図書館があるならサービス内容を確認してみることが大切です。探す目的だけでなく欲しい本を買わずに読む目的でも利用できる可能性があります。

    学校の図書館も利用できることがある

    学校にある図書館も一般開放していることがときどきあります。守衛室や事務室で手続きをすれば閲覧できるようになっていることがあるのです。特に大学以上になると図書館の受け付けで手続きをするだけで読めるようになります。教育に関わるような本を探して読みたいときには公立図書館よりも専門性の高い本が多くて魅力的な場所です。利用できるかどうかは学校の方針次第なので電話などで確認を取ってみる必要があります。

    カフェでも進む本の設置

    カフェで読書をする人はよく見かけられますが、それなら読書スペースとして活用してもらおうというコンセプトのカフェも広まってきました。週刊誌などが置いてあるだけのカフェもある一方、本格的にミニ図書館としての機能をするほどに小説や実用書などを広く取り揃えているカフェもあります。中には経営者の好みで選んだ作家の本ばかりを置いている場合もあり、不定期に作家に来てもらって講演会を開くカフェもあり、様々な形で本と付き合えるカフェがあるのです。

    借りて読みたいときには場所決めが大切

    公立図書館や学校の図書館、カフェなどの様々な場所で本を買わずとも読めるようになっています。それぞれに置いている本の種類の違いやサービス内容の違いがあるので、読みたい本がどのようなジャンルかに応じて場所決めをするのが大事です。うまく使い分けをすると読みたいと思っていた本を見つけられる可能性が高まります。

     

  • 本の電子化によるメリットとデメリット
    本の電子化によるメリットとデメリット

    ITの台頭によって本も電子化が進められるようになってきました。お気に入りの本があるときには電子化して読めるようにすることもできますが、紙媒体として持っているのに比べてどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    電子化すると携帯性が高まる

    紙媒体の本を電子化することによって得られるメリットとしてよく着目されているのが携帯性が高まることです。出先で本を読みたいというときや、参考書などでいつでも参照できるようにしたいという場合には本を持ち歩くのは重いということがよくあります。電子化してしまえばスマートフォンやタブレットなどの携帯性の良い軽い端末でいつでも読むことが可能です。何冊分であってもデータ容量が許せば同じ重さで持ち運びができる点もメリットになります。

    保存性も良くなる電子化

    電子化を行うことによって紙媒体よりも保存性が良くなるのもメリットです。紙はどれだけ上質なものを用いていたとしても経年劣化を起こしてしまいます。読む度に手垢がついて汚れて読みにくくなりやすく、光の影響で紙やインクの質が低下していってしまいがちです。電子化すればデータを保存したメディアが故障しない限りはいつでも参照することができます。バックアップをいくらでも増やすことができるので貴重な内容を保存するのに適している方法と言えます。

    読みやすさと健康面に関するデメリット

    本の電子化によって得られるメリットは多いものの、読むことを考えるとデメリットも少なくありません。読書に慣れている人にとって電子化された本よりも紙媒体の本が読みやすいというのはよくあることです。ページを行ったり来たりして読みたいというときに直感的にページを変更できる紙媒体は本を読み慣れている人にとって魅力とされています。電子化しての何ページを参照するという感じでページ遷移をすることはできますが、あまりページ数については意識していないことが多いのが実情です。また、健康面についても電子化するとディスプレイから出る強い光が目や脳に良くないという知見があります。電子化した場合にはその刺激を考慮して、特に休憩をしながら読む必要性が高いのです。

    使い分けをするのが大切

    電子化によるメリットもある一方、紙媒体のままの方が良い部分もあります。紙媒体の本を電子化するときには裁断を行わなければならないことも多く、どちらか一方を選ばなければならないことになりがちです。本の種類や読みたいタイミングがいつかによって使い分けをすると電子化された本とも紙媒体の本ともうまく付き合うことができます。

  • 『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』(※読書感想)
    『身近な疑問がスッキリわかる理系の知識』(※読書感想)

    子供の頃、世の中は分からないこと(疑問)であふれていました。
    でも、成長し大人になるといつの間にか疑問を疑問と思わなくなり、月日は過ぎてしまいます。
    本書は、子供の頃抱いた素朴な疑問に物理や科学などの「理系の知識」で学び、忘れていた童心を取り戻すことが出来る貴重な一冊です。

    眠っていた脳を覚醒させるきっかけに

    大人になると、日々の生活・仕事に忙殺され、必要不可欠な情報以外は取り入れようとしなくなってきます。
    そうして行くうちに脳みそがアップデートされないまま月日だけが経ち、心が次第に劣化していく毎日でした。
    そんな私が本書に出会い、今まで知らなかった事を知ったり、分からなかった事が分かるようになる事でずっと眠っていた知的好奇心が強烈に刺激されました。
    1つの知識を得る事で「もっと知りたい」と思うようになり、そこからさらに新しい疑問が浮かぶようになってどんどん学ぶ意欲が高まるのに伴い、自分の知識が雪だるま方式で増えていくきっかけになった一冊です。
    新しい情報が入って来ることで眠っていた脳が目覚める感覚でした。
    やはりインプットがないと、アウトプットは出来ないのだと改めて感じさせられました。

    子供に教えたくなる!

    私が子供の頃、自分が住む世界は「なぜ?」で溢れかえっていました。そして、分からないことがあると何でもすぐ両親に質問していました。
    私の質問に両親が答えてくれると「お母さんお父さんは何でも知ってる!」と感動して「この2人の子供に生まれて僕は何て幸せなんだ!」と心の底から思いました(大げさですが)。
    時が経ち大人になった今、今度は自分が子供に感動を届けられる側の存在になるべく、本書をきっかけに日々新しい知識・情報を取り入れては子供たちを呼び、ドヤ顔で教えて自慢しています。すると子供たちは興奮ぎみに「物知りー!」「天才!」「先生みたい!」と私をもてはやしてくれるので、これからも絶えず学んでいきたいと思うようになりました。
    お子様から「憧れの的」でいたい親御様にもピッタリだと思います。
    本書に載っている疑問は子供が抱くような本当に素朴な題材ばかりで、説明部分も科学の知識が一切ない素人にも分かりやすい例え・言い回しを使って説明してくれているので、読み手を選ばずどんな方にもオススメの一冊です。

    最後に(まとめ)

    人間誰しもが、「あれはどうして?」「あれは何のためにあるの?」「あれとあれは何のためにあるの?」と、ふと素朴な疑問を抱くことがあるかと思います。
    本書はそんな「なぜ?」を科学的根拠を基に教えてくれました。
    さらに、一題一題の疑問・説明が端的で分かりやすくまとめられている為、忙しくて時間が無い方でもサラッと読めると思います。

     

16〜20件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 8 46