買取り実績

21〜25件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 8 9 46
  • 本を処分したいと考えたらどうするか
    本を処分したいと考えたらどうするか

    本をよく読んでいるとだんだんと本の在庫が溜まってしまって整理が難しくなったり、スペースに困ったりすることがあります。読み飽きてしまった本は処分しようと考えたら、どのようにして処分するのが良いのでしょうか。

    本は古本屋で買い取ってもらえる

    本は新しくても古くてもニーズがある場合が多く、自分が読み飽きてしまったとしても他に人にとっては魅力的な本であることがよくあります。本を処分したいときには売るという選択を選ぶのが賢い方法です。ほとんどの本は古本屋に買い取ってもらうことができます。あらゆる本を扱っている古本屋も全国的に広がっていますが、地域によっては専門書だけを扱う古本屋も利用可能です。専門性の高い古本屋ほどそのジャンルの本であれば高く評価して買い取ってくれることが多いため、古い本であっても高く売れる場合があります。逆に価値があまりなさそうな本でも美麗な状態で保存されていれば全般的に古本を扱っている業者では値段をつけてくれることもあるのが特徴です。少し労力をかけて買取価格の比較もしてみると大きな利益を生める場合もあるので、本の処分を考えているときには古本屋に持っていくことを考えるのが賢明です。

    買取方法も多い古本屋

    古本屋では店頭以外でも本の買取を行うようになってきています。出張して本を査定して買い取ってもらうサービスや、宅配便で送って買い取ってもらうサービスを利用することができるようになりました。近くに古本屋がないから売りに行くのは大変という場合でも、一歩も家から出ずに本を売ることができます。特に出張サービスを利用すると値段の付く本だけを買い取ってもらえるので、依頼した業者の査定基準では0円になってしまったものは残してもらうことが可能です。残った本をまた別の業者に依頼して出張買取をしてもらうことにより、多くの本を買い取ってもらえる可能性が高まります。

    価値のある本はオークションも考慮

    とても価値があるとわかっている本がある場合には専門の買取業者に依頼すると高額査定をしてくれます。しかし、価値のある本の処分の際にはオークションも考慮するのが賢明です。本当に価値があって欲しいと考えている人が多い場合にはオークションに出品すると高額の入札があってより大きな利益を生み出せると期待できます。

    本は大切に使っていれば売れる

    本を処分するときには売るとお金にすることができます。高く売れるかどうかは需要の問題もありますが、大切に使ってあって高い査定を受けられることも必要です。査定価格の比較を行って高く売ろうと考える日が将来にやってくると考えて、日焼けを起こしたり、シミができたりしてしまわないように保存することも大切になります。

     

  • さわやかな朝カフェで読書はいかがでしょう?
    さわやかな朝カフェで読書はいかがでしょう?

    いよいよ読書の季節がやってきました。秋の夜長に自宅で楽しむ読書もよいけれど、たまには休日の朝に早起きして、カフェでモーニングをしながらの読書はいかがですか?さわやかな目覚めとともに、きっと充実した一日になるでしょう。

    私が朝カフェをおすすめる理由

    皆さんがカフェに行くのはどんな時ですか?ランチや、お友達とのお茶、買い物につかれた時など…わりと、昼間や夕方に利用することが多いのではないでしょうか。
    ランチやおやつを楽しむのもいいけれど、私が一番大好きなカフェの時間、それは朝です。
    朝のカフェの雰囲気は、昼や夕方のそれとは少し違う気がします。
    お得なモーニングもやっているし、比較的すいているので、お気に入りの席に座れる可能性も高いです。
    一人で利用している方も多いので、いつもより静かな空気の中、じっくりとお気に入りの本を読めますよ。

    ゆっくり読書するときのおすすめはミスドです。

    私が読書するときに、もっとも行くことが多いのはミスドです。
    ミスドのモーニングセットは、好きなドーナツと好きなドリンクを選べて320円からというお得さです!
    しかも、ホットコーヒーとカフェオレを選べばおかわり自由なのです。
    寒くなってきたこの季節、クリームチャウダーかミネストローネを選べるホットモーニングスープセットもおすすめです。
    具だくさんのスープで朝から栄養もとれるし、体も温まりますね。
    ドーナツなら片手で食べながら本も読みやすいし、店員さんが回ってきてくれて、おかわりを入れてくれるので、本当にくつろいで、ゆっくり
    読書に没頭できます。

    充実した一日

    朝から誰にも邪魔されず、大好きな読書を楽しめたら、とっても贅沢な時間ですよね。モーニング読書のいいところは、それが終わっても、まだまだたっぷりと時間のあるところです。紅葉のきれいな公園をお散歩しながら家に帰ってもよし、お気に入りの街にお買い物にでかけたり、おうちに帰ってお掃除したり、お昼寝をしてしまっても…。
    読んだ本の内容に刺激されて、やりたいことも出てくるかもしれませんね。
    きっと、「朝寝坊して、起きたらすでにお昼だった…」という休日よりも、充実した一日を過ごせるのではないでしょうか?

    お気に入りの休日

    お布団から出るのがだんだんと辛くなる時期ですが、大好きな本をもって、朝から出かけてみませんか?
    朝日を浴びて、冷たい空気の中、いつもと違う雰囲気の町を歩いているうちに、きっと頭も冴えてくると思います。
    そして、おいしいドーナツとコーヒー、お気に入りの本とともに、ワンコインで至福の時間を過ごせます。
    きっと、あなたのお気に入りの休日になると思いますよ。

     

  • ノーベル文学賞作家・カズオイシグロの歴史
    ノーベル文学賞作家・カズオイシグロの歴史

    2017年10月、受賞が噂された村上春樹氏に先駆け、彼の友人としても知られる日系人作家のカズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。日本では際立って知名度が高いわけではなかったため、発表当日は日本中が驚きに包まれました。一体、彼はどのような作家人生を歩んでここまでたどり着いたのでしょうか。

    生い立ちからデビューまで

    カズオ・イシグロ氏は日本人の両親のもとで、英国ではなく日本の長崎にて生まれました。しかし、まだ幼かった1960年に父の仕事の関係で移り住んだため、渡英前は日本語を話せていたものの現在ではもうほとんど日本語は話せないことが判明しています。渡英後の彼はイギリスの学校を出て、大学を出た当初はボブ・ディランに憧れてミュージシャンを志していました。しかし方向転換して文学の方面に進み、20代後半の頃(1982年)に故郷の長崎を舞台にした「遠い山なみの光」という日本人が主人公の作品にて作家デビューしました。また、この時期に英国籍を取得して、正式な英国人となりました。

    1989年に英国最高峰の賞「ブッカー賞」を受賞

    デビュー作で高い評価を受けたイシグロ氏は、1986年発表の2作目「浮世の画家」でも日本人を主人公にした作品を創りました。そして、その作品は、英国の権威ある文学賞「ウィットブレッド賞」を受賞し、英国内で注目の新人作家の一人となりました。1989年には初めて日本人以外を主人公にした長編小説「日の名残り」を発表すると、前作以上の高い評価を受けて英国最高峰の文学賞として有名で世界的にも権威ある「ブッカー賞(Booker Prize)」を30代の若さで受賞し、イギリスを代表する作家の一人となりました。そして、この「日の名残り」という作品は、アンソニー・ホプキンス主演で1993年に映画化され、映画版も高い評価を受けました。

    2005年発表の問題作「わたしを離さないで」が大ヒット

    2005年にはある悲しい運命を背負って生まれてきた子供達と、彼ら・彼女らを世話する女性の日常を描いた衝撃作「わたしを離さないで」が英国内で100万部以上売れたほか、世界中でベストセラーになりました。日本では2016年にテレビドラマ化され、このドラマにより、カズオ・イシグロ氏の名前は日本でも広まりました。しかし、ドラマをみていた人以外からの知名度は低かったため、2017年に敬愛するボブ・ディラン(2016年度受賞者)に続いてノーベル文学賞を受賞した際は「この人は誰?」と日本中で大きな話題となりました。

    日本で沸騰するカズオ・イシグロ人気

    1994年に大江健三郎氏がノーベル文学賞を受賞した時と同様に、日本では空前のカズオ・イシグロフィーバーが続いています。具体的には書店にて彼の過去の作品が売上ランキング上位に顔を出しているほか、オンライン配信されている映画・ドラマ作品も売上ランキングにて上位にランクインしています。そして、その中でもブッカー賞受賞の「日の名残り」がどのように今後映像化されるかに業界中の注目が集まっています。

     

  • 『イギリス国民の誕生』を読んでみた感想
    『イギリス国民の誕生』を読んでみた感想

    昨年、世界を驚かせた「イギリスのEU離脱」。なぜイギリスはヨーロッパ大陸との繋がりを自ら断とうとしたのか、イギリスのナショナリズムとは何なのか。そんな時に見つけたのがこの本でした。出版年を見ると「2001年」。15年前に書かれた本著が、その謎を解いてくれるのではないかと思い、読んでみました。

    感想その1~キッカケは宗教だったのか!~

    著者のリンダ・コリーが、イギリスの国民意識醸成の最大要因としたのが「プロテスタンティズム」でした。私は、ナショナリズムといえば「民族」を根拠に行われる活動のことを指すと思っていました。また、イギリスがそこまで宗教色の強い国だとは思っていなかったので、著者の仮説は驚きでした。具体的には、イギリス国教会の成立と共に、「大陸側にいるカトリック勢力(=フランス)に対する”私たち”」というアイデンティティーが醸成されていったと説明されていました。この主張を読んでから、イギリスのEU離脱のことを考えてみると、「アンチ大陸」であったイギリスにとって、EUにいたことがイレギュラーなのかもしれないと感じました。その点で、筆者の主張は15年経っても古くないのではないかと思いました。

    感想その2~そんなところからも読み取れるのか!~

    イギリスといっても、正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。複数の国々がどうやって「一つの国民」という意識を持てたのか。この問いに対しては、著者は意外なところから読み解いていました。一つは「役人の出身地」です。最初は、中央政府の役人の殆どがイングランド出身者でしたが、徐々にスコットランドやウェールズ出身者も増えていきます。その変遷を、役人の出自を調べることで、著者はまとめあげており、その着眼点と調査への執念がすさまじいと感じました。もう一つは「国王のシンボル化」です。イギリスは、国王を政治から切り離し、国民のシンボルとしました。著者はその過程から、イギリスが国民に植え付けようとした「イギリス国民というイメージ」を描こうとしていました。しかし、私は「全てを作り物にはできない」と思いました。国王が本来持っていた気質や性格がその時代にフィットしただけのことなのではないかと感じました。

    本全体の感想

    日本語訳も読みやすく、1章ごとの文量もそこまで多くなかったので、最初に手にとった本がこの本で大正解だったと思います。ただ、全て鵜呑みにするのは危険でもあります。実際に他の本を読んでみると、プロテスタンティズム以外にも多くの要因があります。この本は、イギリスのナショナリズムに関心を持った人が最初に手に取る「入門書」として捉えた方が良いと感じました。

     

  • これから読む本を探すためのヒント
    これから読む本を探すためのヒント

    本を読みたいと思っても、一体どの本から手に取ればよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そういった場合、どのように読むべき本を探していけばよいのかについてのヒントを自分の中から探していきましょう。

    興味のあることにつながるタイトルの本を探そう

    読書と言っても、文学作品だけではありません。実用書などであれば興味のあることから読みたい本を見つけやすくなるでしょう。自分のやってみたい事や興味を持っていることについて考えてみましょう。趣味でも仕事につながることでも構いません。思いついたものをメモに書き出してみるのもおすすめです。そういった興味のある言葉が含まれているタイトルの本を、書店などで探してみましょう。一冊手にとって読んでみることで、そこから世界が広がり読みたい本が見つかることも多いものです。ぜひ自分の興味のあることは何か、思い出してみましょう。

    自分の課題に近いテーマの本を手に取ってみよう

    悩みがある方や課題を抱えている方は、それに近いテーマの本を選んでいきましょう。例えば恋に悩んでいる方は恋愛小説などをいくつか読んでみるとよいでしょう。気になっているテーマなら感情移入もしやすいですし、読んでいても苦になりにくいです。さらに、自分の悩みを解決するヒントがそこに隠れているかもしれません。仕事で躓いている方も、その課題に関する単語が含まれた本を手に取ってみましょう。すでに別の本を読んでいるという場合も、改めて他の本を読んでみることで納得できることもあります。ぜひ本を味方にして、悩みや課題を乗り越えていきましょう。

    以前読んで面白かった作者の本をチェックしてみよう

    以前読んでみて面白かった小説などがあれば、その作者名をチェックしてみましょう。作者名で本を探していくことで、まだ読んでいない他の作品に出会うことができます。以前面白く読めたのであれば、同じ人が書いた別の作品も楽しく読みやすいはずです。以前とは全く違う種類の話であってもすんなり読めることが多いものです。そうすると、自分は興味がないと思っていたテーマにも興味がわいてくることがあるので、趣味の範囲を広げていくことができるようになります。

    本との出会いは人生を広げてくれるもの

    本は一時的に読むものというだけではなく、そこから知ったことや感じたことがその後の人生に役立ってくれるものでもあります。新しい趣味が見つかることもあるでしょうし、何かを乗り越えるきっかけになることもあるでしょう。そういった本との出会いを一つでも多くしていくために、自分の生き方に関係しているような本を積極的に手に取るようにしていきたいものです。

     

21〜25件目 / 全226 1 2 3 4 5 6 7 8 9 46