新着情報

1〜5件目 / 全26 1 2 3 4 5 6
  • 読書としての辞書の魅力
    2018.1.10読書としての辞書の魅力

    辞書は言葉の意味を調べるために使用されています。電子辞書が流通したことであまり紙媒体として持つことがなくなる傾向が生まれました。そして、インターネットで辞書検索もできるようになってますます紙媒体を使用しない人が増えていますが、本として辞書を見てみると活用する魅力があります。

    辞書を引く目的では優れている電子辞書

    辞書を引いて言葉の意味を知りたいというときに紙媒体の辞書に比べて電子辞書は優れています。調べたい言葉を検索することによって瞬時にその言葉の意味を表示してくれるからです。インターネットでの辞書検索も同様であり、電子辞書を持ち歩かなくてもインターネットにアクセスできればスマートフォンなどの普段から持ち歩いている端末で調べることができます。辞書を引いて意味を知るのが目的の場合には紙媒体に比べて電子辞書は優れているのは確かです。

    本として読む辞書の魅力

    辞書は言葉の意味を調べるためのものと考えてしまうと電子辞書に敵わないと思ってしまいがちです。しかし、本だと考えて辞書を読むことには魅力があります。辞書は著者が考えた言葉の意味をできるだけわかりやすく端的に説明している書物です。評論文や小説などのように、辞書に書かれている説明の中には著者の思想が反映されています。数冊の辞書を開いて同じ言葉の意味を調べて比較してみると、全く異なる表現で説明されていることも少なくありません。それどころか著者によって言葉の持つニュアンスについての解釈が異なっていることもよくあります。国語辞典では特にそのような傾向が強く、適当にページを開いて読み進めていると著者が考えている日本語の世界が見えてくるようになります。このような形で本として読んでみると紙媒体としての辞書の価値を見出だせるのです。

    前後関係も見える紙媒体の辞書

    紙媒体の辞書は五十音順に言葉が並んでいて前後にある言葉も一緒に目を通すことができます。ある言葉の意味について知りたくて調べてみたけれど説明がよくわからないという場合もありますが、そのときに前後にある似ている言葉の説明を読むだけで理解できることも少なくありません。わからない言葉を調べたらその周辺も読んで理解を深めるということが容易なのは紙媒体のメリットです。

    読むという発想で活用する紙媒体の辞書

    電子辞書の登場によって言葉の意味を調べるだけなら紙媒体よりも電子辞書の方が簡単になりました。しかし、辞書は本として読むものという発想を持つと、著者の言葉に対する考え方を読み解くことができたり、類似した言葉の意味も確認して理解を深められたりします。紙媒体の辞書を読むようにすると言葉についての理解を深められるのです。

  • 千原ジュニア著「14歳」の読書感想
    2018.1.10千原ジュニア著「14歳」の読書感想

    千原ジュニアとは、よしもとクリエイティブエージェンシーに所属するお笑い芸人です。兄・せいじと千原兄弟という兄弟コンビを結成しています。今や、テレビに欠かせない出演者の一人です。「14歳」はそんな千原ジュニアの芸人になるまでを綴った自伝的小説です。

    ひきこもりだった過去

    千原ジュニアはひきこもりでした。ただ単にひきこもりと家族との話と聞くと、ありふれたもののように感じますが、違います。彼は孤独でした。孤独な戦いは非常に過酷なものでした。千原ジュニアは繊細すぎる人間なんだと思います。そもそも人がひきこもる理由はさまざまだと感じます。「いじめられて居場所がなくなった」「家庭環境」「外の世界に対する不信感や抵抗」などです。そのすべてが繊細すぎるが故に起こることなのだと思います。世間やメディアは不登校、ひきこもりを「問題児」であると捉え、シャットアウトしがちです。それは子どものためにならないでしょう。問題が起きた背景を考えずにその人自身を異端として排除するような考えはよくありません。千原ジュニアのような才能にあふれ、頭の回転のよい、成功した人間がひきこもりであると明かすことは勇気がいることでしょうが、世の中のひきこもりの光となるはずです。さらに千原ジュニアはそんな過去を笑い飛ばすことでポジティブなものとしたのです。これは大変評価できることだと深く感じます。

    弟を救った兄

    千原ジュニアの相方・せいじは実の兄でもあります。繊細な千原ジュニアとは全く性格が違いがさつで適当だと広く認知されています。そのような兄は弟を救ったのです。ひきこもりの千原ジュニアを外の世界へと連れ出し、自立のキッカケを与えたのは兄のアイデアでした。せいじはよしもとの養成所・NSCに通っていたので、その授業を見に来ないかという名目で連れ出したのです。千原ジュニアが外で見た景色はすごいものだったはずです。人生をかけて笑いと向き合う覚悟をした若者たちが真剣に笑いを作っている姿でした。人を笑顔にするために人生をかける姿は誰が見ても熱く、すばらしいものです。千原ジュニアはお笑い芸人になる決心をしました。ひきこもり少年の一大決心です。このシーンにはとても兄の優しさと思いが詰まっていると思い、感動しました。

    千原ジュニアからのメッセージ

    千原ジュニアはこの「14歳」という小説を出版した時期に、千原兄弟として「15弱」という単独コントライブを開催しています。私は、このライブがひきこもりだった少年の悩みに悩みぬいた日々の結晶だと思うのです。「15弱」にはさまざまなキャラクターが登場します。そのひとつひとつが独創的で、彼の頭の中を覗いている気分になります。中でも「マスカ!?」という作品には驚きました。美談を美談とすることの危うさを表現した作品です。「14歳」を美談として捉えるのではなく、誰にでも起こりうる葛藤であると、そう伝えているようにも感じました。

    ひきこもりや不登校など少年少女の抱える問題は社会問題化してきています。ひきこもっている子どもを外に出すことは難しいですが、それを無理やり行っては駄目です。心から寄り添って悩みを聞き、その頭の中に描かれた世界をわかってあげられる愛が必要なのだと気づかされました。また、14歳前後は誰しもが悩む時期です。誰かの悩みを聞いてあげられるような深い心を持ちたいと実感しました。

  • 大人向けの童話、ムーミン世界の奥深さ
    2018.1.10大人向けの童話、ムーミン世界の奥深さ

    今、ムーミンが人気です。アニメにグッズ、専門のショップやカフェまで登場しました。独特のフォルムが愛らしいムーミンと、その仲間たちも魅力的です。しかしムーミンの小説は、読んだことがない方も多いのではないでしょうか。原作である小説の中には、童話と呼ぶにはあまりに奥が深いムーミンワールドが広がっています。

    始まりの「ムーミン谷の彗星」

    ムーミンシリーズの原点としては、「小さなトロールと大きな洪水」が最初に執筆されました。しかし、多くのメインキャラクターたちが登場するのは「ムーミン谷の彗星」からであり、この本から彼らの物語が始まったとも言えるでしょう。主人公のムーミンが個性的な仲間たちと出会い、共に旅をして友情を育みながら切磋琢磨するという冒険物語は、後に紹介する二作に比べれば子ども向けです。しかし作中には、もうすぐ地球に衝突予定の彗星という、大きな脅威が存在し続けます。彗星に怯える人々の描写がリアルで、また禍々しい彗星の挿絵が非常に印象的です。ムーミンたちは様々な困難にぶつかりながらも、前を向いてムーミン谷を目指し続けます。逃れられない災害に直面した時、私たちはどのように恐怖と向き合い、どのように生きればいいのか、という問いを投げかけられているかのようです。

    別世界の「ムーミン谷の冬」

    いつもにぎやかで楽しいムーミン谷の、冬の間のまるで別世界のような姿に、偶然冬眠から目覚めてしまったムーミンだけでなく、読者の私たちも不安感を覚えます。一日中暗くて寒々しい白夜は、作者のヤンソンが実際フィンランドで目の当たりにしていた世界なのでしょう。冬という未知の環境の中でムーミンは、傷ついたり葛藤しながらも、春を迎えるまでに多くのことを学びます。中でも注目したいのは、冬の世界でムーミンが出会った、気難しい生き物たちです。彼らは、多くの生き物が冬眠している冬の間しか姿を現さない、どちらかと言うと「日陰者」的な存在です。その陰気でシャイな性格に、ムーミンは最初戸惑いますが…よく考えると、人間社会にもそういう人たちって居ますよね。やがてムーミンは彼らの生き方に理解を示すようになりますが、ヤンソンが「日陰者」たちに寄り添う優しい目線、繊細な心を持っていたことが、この物語からよく分かります。

    重すぎる「ムーミンパパの思い出」

    この物語は、もちろん子どもが読んでも十分楽しめますが、物語中の様々なエピソードやキャラクターの心情をより理解できるのは、大人の方ではないかと思います。ムーミンパパの思いつきでムーミン一家は住み慣れたムーミン谷を離れ、海の上の小さな島で暮らし始めます。不便で過酷な生活を強いられる中での、それぞれのキャラクターたちの悩みや苦しみは、時に重すぎると感じてしまうほどです。ムーミンがモランやうみうまとの交流を試みる場面では、他者と分かり合う難しさ、すれ違う悲しさが滲み出ています。少年ムーミンは色々な出来事を経て精神面で大きく成長するのですが、それはおそらく誰もが思春期に通る道であり、読んでいて感慨深いものがあります。大人であるムーミンパパやママも、この物語ではかなりエゴむき出しな言動が多いのですが、同じ大人ならば思わず共感してしまうでしょう。

    物語を支えるキャラクターたち

    小説は全九作品で、どれもヤンソン自身の挿絵付きなので、文章だけでなくイラストでも楽しめます。ヤンソンが生み出したキャラクターたちは、愛らしい姿形だけでなく、それぞれ性格もユニークな者ばかりです。時に物語が厳しく暗い展開を迎えようとも、あのようなキャラクターたちだからこそ、何とか乗り越える力があるのでしょう。

  • ほっと暖か~い読書におススメのカフェ
    2018.1.10ほっと暖か~い読書におススメのカフェ

    季節はずれの台風が日本を訪れ、急に気温が下がった今日この頃。
    読書の秋は何処へやらといった様子の日本ですが、そんな寒い日でも安心なほっと落ち着くカフェで読書はいかがでしょう。
    そこで今回はそんな数多あるカフェの中から、読書におススメなカフェをいくつか紹介していきます。

    メジャーチェーン・スターバックスでお洒落に読書

    チェーン店の中で最早知らない人は居ないほどの大手メジャーチェーン店です。
    店舗数も多く商業施設の中にもよくテナントとして入っているので、本屋で買ったばかりの本を気軽に立ち寄って読書に耽ることができます。
    店舗面積も広い所が多く色々な客層が入店するため、店員さんを気にせずゆったりした気分で腰を落ち着けられます。
    お洒落な雰囲気の店舗が多いので、形から入りたい人や空気を大切にする人にはここがおススメです。

    コメダ珈琲店で薫り高い珈琲と共に

    隣に人が居ると読書に集中できない人には特におススメなのがコメダ珈琲店です。
    基本的にボックス席で、隣のボックスとの間がパーテーションで仕切られている為周りを気にせず読書に集中できます。
    サンドイッチやグラタンなど食事メニューが豊富なのもそうですが、店名に珈琲店と入れるだけあってチェーン店の中でもレベルの高い珈琲が頂けます。
    薫り高いブレンド珈琲を片手に、優雅なひと時を如何でしょう。

    コストパフォーマンスはミスタードーナッツ

    ミスタードーナッツの魅力はなんと言ってもそのコストパフォーマンスです。
    ミスタードーナッツでは、ブレンドコーヒーとカフェオレが退店までおかわり自由となっており、がっつり読書がしたい時にこそおススメです。
    ドーナッツの他に軽食もあるので、小腹を満たしてからの読書も魅力のひとつです。
    金欠だけどゆっくり読書がしたい人におススメです。
    糖分は読書の友。オールドファッションとブレンドコーヒーをお供にゆっくりとした秋のひと時を過ごして見ませんか。

    それぞれに合った「ほっと」する場所

    空気を大事にする人、形から入りたい人、おいしい珈琲を飲みたい人など様々な人が居ると思いますが、それぞれの読書スタイルにあったカフェがきっとあります。
    今回紹介した「カフェチェーン店」の他にも、ファミリーレストランやチェーン店以外のカフェなど場所は様々です。
    本さえあれば何処でも読めるのが読書の良い所。
    SF、ミステリー、純文学、エッセイ、コミックなど本にも様々なジャンルがあるように、それぞれに適した場所もまた多種多様にあるものです。
    駅前に出れば大手チェーンのカフェが一、二件なんて言うのは当たり前になってきた今日。
    秋を一瞬で通り過ぎてしまいそうなこの季節に、ぜひ自分の「ほっと」できる場所を探してみては如何でしょう。

     

  • デジタルデータとしての本の楽しみ方
    2018.1.10デジタルデータとしての本の楽しみ方

    本の内容は、紙に書かれたものでもデジタル端末の画面に表示されたものでも一切代わりはありません。そのため、余程のこだわりがないのなら、デジタルデータを活用して、電子書籍としての本を楽しんでみてはいかがでしょう。

    保管スペースに困らないのが電子書籍の大きなメリット

    紙の本はとても素晴らしいものですが、ある程度の数を揃えると保管スペースにこまってしまうのが難点です。倉庫などに預けるのもよいですが、費用を考えると実現するのが難しい方も多いでしょう。しかし、保管スペースがないからといって、購入を控えたり、本を処分するのも嫌だと考える方もたくさんいるはずです。
    もしも、保管スペースというデメリットをなくして、本を読んでいきたいのなら、電子書籍という方法をとることも考えてみましょう。電子書籍ならデジタルデータなので、パソコンやスマートフォンの中で簡単に管理ができて便利です。データを手元に保存することもなく、クラウド上のデータを読めるシステムが多いため、端末の記憶領域を圧迫することもありません。
    なお、電子書籍に少しでも興味があるのなら、インターネット上のいろいろなお店で販売されているため、まずはラインナップを見に行ってみましょう。昔の作品から最新作まで多種多様のラインナップがあるので、きっと電子書籍を使ってみたいと思えるでしょう。

    専用の端末でさらに利便性をアップ

    パソコンのブラウザやスマートフォンを利用しての読書はつらいと感じるのなら、専用の端末を購入することも考えましょう。目の負担を少なくするための工夫がされた端末が販売されているため、そちらを利用すれば、液晶画面を見続けるというつらさから解放されます。SDカードを装着できる機種ならば、一度に何百冊も保存できるため、いつでも自分の本棚を持ち運べるようになるでしょう。
    なお、専用端末は高いと考える方も多いですが、客の囲い込みをおこなうために、かなりの安価で販売されているケースがあります。セールやキャンペーンなどでは5000円を切っていることもあるため、本が好きならば購入をおすすめします。
    ただし、専用端末の場合は機種によって、利用ができる電子書籍も違うので注意が必要です。基本的に端末を販売しているお店が取り扱っている電子書籍しか利用できないと考えてよいでしょう。そのため、できる限り一つのお店に絞ったほうが、快適な電子書籍ライフを送れるようになります。

    楽しむための電子書籍

    電子書籍は読みにくいという印象を持たれがちですが、専用端末が進歩してきているため、現在では快適な読書が可能になっています。また、たくさんの電子書籍書店があり、さまざまな作品を読めるので興味が少しでもあるのなら一冊購入してみましょう。無料で読める本も用意されているため、試してみるだけなら損はありません。

1〜5件目 / 全26 1 2 3 4 5 6